本文へジャンプします。


現在位置:> > > 【100均】材料でカンタン!30分以内で作れるクリスマスリース3選

インテリア・雑貨

 

【100均】材料でカンタン!30分以内で作れるクリスマスリース3選

部屋に1つ飾るだけで、ツリーがなくてもぐっとクリスマスの雰囲気になるリース。この記事では、100円ショップで入手できる材料で簡単に作れるクリスマスリースのアイデアを集めました。予算は200〜400円、作業時間は長くても30分以内。ぜひお試しください♪

【10分以内】巻きつけるだけ!ボリューム感あるクリスマスリース

【100均】材料でカンタン!30分以内で作れるクリスマスリース3選

まずは10分程度で作れる、比較的スタンダードなリースです。

【100均】材料でカンタン!30分以内で作れるクリスマスリース3選

材料は100円ショップのガーランド(モール)と、クリスマスツリー用のオーナメント。今回使用した写真の材料はDAISO(ダイソー)で購入したもので、商品名は「キラキラモール」と「クリスマスボール」です。

【100均】材料でカンタン!30分以内で作れるクリスマスリース3選

そして、リースの芯になる部分も必要です。100円ショップで販売しているリース芯を利用してももちろんOKですが、今回は広告チラシをぎゅっとねじって円形に丸めたものを自作しました。チラシ製リース芯は簡単に作れるうえ、好みのサイズや太さに微調整できるのでオススメです♪

なお、写真ではチラシの印刷面が見えなくなるよう上に洋服を購入したときの薄紙を巻いていますが、ガーランドで隠れるのでそのままでも大丈夫です。

【100均】材料でカンタン!30分以内で作れるクリスマスリース3選

リース芯にガーランドをぐるぐる巻きつけ、端を先に巻いた部分にくぐらせるなどで固定します。オーナメントで飾れば完成!

写真のようにオーナメントをつけなくても、それなりに形になります。モチーフが赤や金など単独でも華やかなガーランドを選べば、オーナメントなしで十分かもですね。

ちなみにチラシ製リース芯を使うなら、オーナメントはリース芯を丸い形につなげる前、チラシをねじった棒状の段階で先に通しておくと、飾っている間にオーナメントが落ちる心配がなくなります。オーナメントを通してからチラシを丸めてつなげ、オーナメントの間隔を適宜空くよう調整します。その上からガーランドを巻きつけ、隙間からオーナメントをのぞかせる形に整えればOKです。

【20分以内】三つ編み&ねじるだけ!ぬくもりある毛糸のクリスマスリース

【100均】材料でカンタン!30分以内で作れるクリスマスリース3選

お次は、ほっこりとあたたかみのある雰囲気の毛糸のクリスマスリース。

【100均】材料でカンタン!30分以内で作れるクリスマスリース3選

DAISO(ダイソー)の並太アクリル毛糸「レッド」と「エバーグリーン」が材料です。

【100均】材料でカンタン!30分以内で作れるクリスマスリース3選

毛糸は赤と緑それぞれの色ごとに長さ70cm・60本ずつの束を作り、三つ編みにします。2本の三つ編みをねじり合わせて丸い形にまとめ端を縛ったら、余った毛糸をはさみで短くカットしてポンポンのようにして完成です。

端の部分はポンポン風以外にも、長さを揃えてタッセルのように垂らしたり、細かい三つ編みにしたりしてもまた素敵になるかもしれません。

完成サイズは直径15センチほどです。ちょっと小ぶりに作りましたが、広いお部屋に飾るときは三つ編みにする毛糸束の量や長さを増やしたり、色数を増やして3本、4本をねじり合わせたりしてボリュームアップすると、より存在感あるリースになりそうです。

【30分以内】結ぶだけ!リボンで華やかクリスマスリース

【100均】材料でカンタン!30分以内で作れるクリスマスリース3選

最後にご紹介するのは、リボンたっぷりのリースです。

【100均】材料でカンタン!30分以内で作れるクリスマスリース3選

材料は「【10分以内】巻きつけるだけ!ボリューム感あるクリスマスリース」でも使用したチラシ製リース芯と、100円ショップのリボン。DAISO(ダイソー)でクリスマス用の赤とゴールドを、Seria(セリア)で緑とシルバーを購入しました。緑のみ幅1.5cm、あとは幅1.2cmのリボンです。

リース芯は直径16cm程度です。リボンを巻きつけやすいよう太さ2cm程度と細めにし、ガムテープで覆って引っかかりにくくしてみました。

作り方はリース芯にリボンを蝶結びでひたすら結びつけていくだけ。とはいえ少々根気のいる作業なので、テレビを見たりおしゃべりしたりしながら作るのがおすすめです。

リボンの蝶の部分が幅を取るので、ぎゅうぎゅうに詰めて結ばなくても大丈夫ですが、よーく見るとリボンの隙間からリース芯がちらっと見えてしまうことが。リース芯はチラシの印刷が表に出ないよう無地の紙などでカバーするか、あるいはメタリック系の包装紙などで覆ってあえて目立たせる「見せ芯」にしてもいいかもしれません。

100円ショップには完成品のクリスマスリースもたくさん並んでいますが、インテリアや好みにぴったり合わせられるのは、手作りならではの醍醐味です。世界に一つだけの、素敵なリース作りを楽しんでくださいね!

<ライタープロフィール>
ライター、Webエディター、サイト制作管理など、Web周辺仕事請負人
多田エツコ
所属:comorieサポーター

家にいることが好きすぎて、仕事も自宅でするようになってしまった筋金入りのインドア派。青空が気持ちいい晴天の日、洗濯物や布団を思う存分干すときに無上の幸せを感じます。