本文へジャンプします。


現在位置:> > > 【無印良品】左利きの私がたどり着いた!ステンレス皮引き

インテリア・雑貨

 

【無印良品】左利きの私がたどり着いた!ステンレス皮引き

5年以上使っていたセラミックのピーラーがある日突然壊れてしまったため、ピーラー探しの旅に(ネット上で)出た私。愛用していたとはいえ、壊れてしまったセラミック素材を考えると次はもう少し耐久性があり、評判の良いものが欲しくなりました。ですが探し始めたら、思わぬ落とし穴に遭遇しました。実は我が家は全員左利きという珍しい(?)家族なのですが、ピーラーは断然右利き用が多かったのです!

右利き用のこんなところが困る!

【無印良品】左利きの私がたどり着いた!ステンレス皮引き

右利きの人はあまり気にしないと思いますが、世の中は右利き用グッズであふれています。ピーラーでいえば、まず刃の角度。持ち手をまっすぐにした状態で、すでに右肩上がりに刃が傾いているものが多々あります。「手首をひねらなくても皮を引きやすい」というのがメリットですが、これはあくまでも右手で使う場合。左利きにとっては、それを左手で持つ姿を想像しただけで、体をくねってしまいそうになります。

また、右手で持ったときに親指を添えながら芽を取れるように、ピーラーの左側にだけ芽取りがついているものも多数存在します。「芽取りはあってもあまり使わない」という人もいるかもしれませんが、いやいやいや。使える状態にあって使わないのと、使いづらい状態にあって使わない(使えない)のでは大違い!

この2点を踏まえただけでも、左利きにとってレビューで上位にランクインするピーラーが良いとは言い切れないということがお分かりいただけると思います。困ったことに、切れ味以前の問題なのです。

無印良品ステンレス皮引きに決めた理由

そこで、ピーラー選びにおける私なりの条件を書き出してみました。

・右利き用に刃が傾いていない
・左利き用でもない(時々右手を使う家族もいるため)
・芽取りが両側についている、もしくはどちらにもついていない
・耐久性がある
・大きすぎない(収納の都合上)
・値段がお手頃

海外でよく見る縦型ピーラーは左利きにも良さそうでしたが、手の動きとしてはナイフの扱いとあまり大差ないかなと思ったので今回は却下して、T型のものから選ぶようにしました。そして行き着いたのが、無印良品のステンレス皮引きです。

ステンレスは切れ味バツグンで耐久性がある、という評判はよく目にしましたが、無印良品のものは持ち手も含めてオールステンレスなので、食洗機にも不安なく入れられるのが良いと思いました。

また挙げた条件をすべて満たしているのも良かったです。100円ショップのピーラーに比べれば値段は少し高いですが(税込み790円/2018年11月現在)、長く使用することを前提にしているので十分許容範囲だと考えました。


使ってみた感想は?

【無印良品】左利きの私がたどり着いた!ステンレス皮引き

もう2カ月ほど使用していますが、左利きの私でも現時点で不満な点はありません。切れ味より先にお伝えするのもなんですが、両側に付いている芽取りは右側を使っていて、こちらも問題なく使えています(やっぱり左手で持って左側にある芽取りは使いませんね、当然ですが)。

そして肝心の切れ味はとてもなめらかで、気持ちよく皮むきができます!刃に角度はついていないので、この辺りは右左どちらの手を使っても変わらないはずです。使用感は個人差があると思いますが、以前使っていたセラミック製ピーラーと比べても、引っ掛かることは少なく、本当にスムーズに皮むきができるので気分も上々。左手使いでも何のストレスもなく、買って良かったと思っています。

ピーラー以外にも和包丁やバターナイフ、ヘラ、おたま、急須など、左利きが悩むものも多いキッチンツール。左利きならではの「困った」に直面したら、今後もじっくり考察していきたいと思います!

<ライタープロフィール>
Webライター
四ツ倉恭子
所属:comorieサポーター

結婚を機に横浜から北海道に移住し、現在は網走市の農村エリアで自然と向き合う暮らしをしています。喜怒哀楽たっぷりの男児育児も満喫中。モットーは「こだわりすぎないスローライフを自然体で」。