本文へジャンプします。


現在位置:> > > 海苔そのもののうまみで新米がすすむ!「ぶっかけ海苔めし」

フード・レシピ

 

海苔そのもののうまみで新米がすすむ!「ぶっかけ海苔めし」

株式会社守屋(千葉県)の「ぶっかけ海苔めし」は、これまでにテレビや芸能人のSNSなどでたびたび取り上げられている人気商品。ご飯の上にたっぷりかけて、お醤油を少し垂らして食すと、もう日本人の基本食、という感じさえします。今回は新米がおいしい季節におすすめの「ぶっかけ海苔めし」をご紹介します。

守屋の「ぶっかけ海苔めし」、どんな商品?

海苔そのもののうまみで新米がすすむ!「ぶっかけ海苔めし」

株式会社守屋(千葉県)の「ぶっかけ海苔めし」とは、焼き海苔、青のり、かつお節がブレンドしてある、ごくシンプルなミックス海苔です。もともとは、繁忙期に先代のおかみさんが食べていたまかないがきっかけとなり誕生したそうです。

すべて国産材料を使用していて、添加物ももちろんフリー。内容をよく見てみると、ごく細く切った焼き海苔とかつお節の中に、色鮮やかな青のりがバランスよく入っていることが分かります。塩やゴマ、調味料のようなものはまったく入っていません。  

上質な素材でシンプルに作ってあるミックス海苔だからこそ、素材本来の風味を生かし、安心して食べられるヘルシーな商品となっています。

「ぶっかけ海苔めし」、どうやって食べる?

海苔そのもののうまみで新米がすすむ!「ぶっかけ海苔めし」

「ぶっかけ海苔めし」の袋を開けると、一気に磯の香が広がります。この香りのよさが「ぶっかけ海苔めし」ならではの特徴!本当に食欲をそそられる香りです。

基本の食べ方は、まず白ごはんに「ぶっかけ海苔めし」をたっぷりのせます。その上に醤油をサッとかけたら完了です。できれば炊き立てのアツアツご飯にぶっかけて、ハフハフ言いながら食べたいですね〜!新米の季節には、ご飯のおいしさが存分に堪能できること間違いなしです。

筆者は、卵かけごはんに「ぶっかけ海苔めし」をたっぷり入れて食べるのがお気に入り。最近の朝ごはんに頻繁に登場しています。忙しい朝でもすぐに用意できて、栄養価も高いのが助かりますね。

そのほか、株式会社守屋のホームページでは、次のような食べ方を紹介しています。

・納豆ごはんのトッピング
・汁ものの具として
・卵焼き・出し巻きの具として
・冷ややっこに乗せて
・炊き込みご飯のトッピング
・和風パスタのトッピング 
・海鮮丼などのトッピング などなど。

どれもおいしいですが、いろいろ試した結果、やはりシンプルにご飯と醤油で食べるのが一番おすすめです!

「ねぎ味」「昆布味」のアレンジ商品も!

海苔そのもののうまみで新米がすすむ!「ぶっかけ海苔めし」

出典:株式会社守屋

「ぶっかけ海苔めし」には定番の海苔めしにねぎが入った「ねぎ味」、昆布を追加した「昆布味」といったアレンジ商品もあります。筆者はまだ試していないのですが、なにかのトッピングに使うには、ねぎ味が合うかもしれませんね!

「ぶっかけ海苔めし」「ねぎ味」「昆布味」は、いずれも公式通販サイトで、25g入りで648円(税込)です。おいしい新米の季節に、ぜひ「ぶっかけ海苔めし」、ご賞味ください。

<ライタープロフィール>
暮らしを楽しむフリーランスライター/エディター
鈴木真弓
所属:comorieサポーター

仕事時間と家庭時間のバランスをとりながら、自宅を拠点に執筆活動しています。