本文へジャンプします。


現在位置:> > > 【100均】ラッピングバッグでいつものお菓子がハロウィン仕様に♪

インテリア・雑貨

 

【100均】ラッピングバッグでいつものお菓子がハロウィン仕様に♪

家族やお友達とのパーティーだけでなく、地域の子供向け行事でも、ハロウィンを楽しむ機会が増えてきました。子供たちが訪ねてくることになったけれど、お菓子の準備はどうしたらいいの!?というときに便利なのが、100均のラッピングバッグです。いつものお菓子が、あっという間にハロウィン仕様になりますよ。

大きさ・マチの有無・デザインいろいろ♪DAISO(ダイソー)のラッピングバッグ

【100均】ラッピングバッグでいつものお菓子がハロウィン仕様に♪

DAISO(ダイソー)のハロウィンコーナーには、大きさ、形もさまざまなバッグが20種類ほどありました。パッと見て、どれもすぐに「ハロウィン」と分かるものばかり。

バッグには、見た目以外にも、底のマチの有無や袋の口の形状など、機能的な違いがあります。未包装の食品を直接入れられるものもあれば、そうではないものも。また、枚数も異なるので、「コスパ」を考えながら選びたいところです。

次に、選んできた5つのバッグをご紹介します。

少量のお菓子でも見栄えがする、マチなしのクリアバッグとフェイスバッグ

【100均】ラッピングバッグでいつものお菓子がハロウィン仕様に♪

写真左は、約15cm×9cmのクリアバッグで22枚入り。右は、約19cm×15cmのフェイスバッグで7枚入り。いずれもマチはありません。袋の口は開いていますが、閉じるためのタイとカードが付いています。両方とも、食品を直接入れることができます。

中身を入れた様子が分かりやすいように、飴を10袋ずつ入れてみました。飴は、約5cm×2.5cmほど。

写真左のクリアバッグは、飴を10個入れたらパンパンになってしまいました。右のフェイスバッグは、もう少し入りますが、このままでも特に違和感はありません。

実際は、クッキーやせんべい、チョコレート、ゼリーなど、個装で大袋に入ったお菓子を何種類か購入し、組み合わせて入れることが多いと思います。お菓子を3、4個入れるのにちょうどよい大きさのラッピングバッグです。

たっぷり入る、マチ付きジップバッグとクリアシールバッグ

【100均】ラッピングバッグでいつものお菓子がハロウィン仕様に♪

写真左は、約14cm×11cm×4cmの底マチジップバッグ。8枚入りで、袋の口はジップになっています。右は、約18.5cm×12cm×5cmの底マチクリアシールバッグ。18枚入りで、口はシールで閉じることができます。ともに、食品を直接入れることができます。

こちらも、上と同じように飴を10個ずつ入れてみました。写真左のジップバッグはややきつい印象。右のクリアシールバッグは、空間に余裕がありますが、このくらいでも「少ない」といった感じはしません。

テトラパックや、長めのお菓子があるときは、右のクリアシールバッグが入れやすいです。

大きいものがあるときに便利なハンドルバッグ

【100均】ラッピングバッグでいつものお菓子がハロウィン仕様に♪

約27cm×18cmのハンドルバッグは、ポッキーもすっぽり入る大きさ。未包装の食品を直接入れることはできません。10枚入り。

小さいお菓子ばかりだと、中身が少なく感じてしまうかもしれませんが、ポッキーサイズのお菓子や、ちょっとした小物などを入れるのに便利なサイズです。

子供たちが、あちこち回ってお菓子をたくさんもらうことを考慮して、お菓子ではなく、シールや鉛筆など、ちょっとした文房具を用意するのもいいですよ。そんなときにも、ハドルバッグはおすすめです。

ハロウィン気分が盛り上がる!ハロウィンパッケージのお菓子

【100均】ラッピングバッグでいつものお菓子がハロウィン仕様に♪

個包装されたお菓子の中には、この時期に合わせて、ハロウィンパッケージやハロウィン仕様の味が出るものも。こういったお菓子を混ぜるだけで、ハロウィン気分はさらにアップします。楽しいハロウィンを!

<ライタープロフィール>
土いじりが好きな兼業ライター
竹内百合
所属:comorieサポーター

北国でガーデニングと家庭菜園を楽しんでいます。趣味は保存食づくり。ロシアのダーチャの棚にずらっと並ぶ瓶詰に憧れています。