本文へジャンプします。


現在位置:> > > 染みや黄ばみに泣きたくない!衣替え前は酸素系漂白剤で「しまい洗い」

掃除・洗濯

 

染みや黄ばみに泣きたくない!衣替え前は酸素系漂白剤で「しまい洗い」

衣替えで出してきたお気に入りのブラウスに、染みや黄ばみができていてがっかり……という経験はありませんか?原因の一つは、普段の洗濯で落としきれなかった皮脂汚れ。シーズンオフには、酸素系漂白剤で汚れをしっかり落とす「しまい洗い」がおすすめです。

酸素系漂白剤は、粉末タイプと液体タイプのどちらもOK

染みや黄ばみに泣きたくない!衣替え前は酸素系漂白剤で「しまい洗い」

酸素系漂白剤には、粉末タイプと液体タイプの2種類があります。粉末タイプの主原料は過炭酸ナトリウムで、液性は弱アルカリ性。一方、液体タイプの主成分は過酸化水素で、液性は弱酸性です。

両方とも漂白や除菌・除臭の効果があり、水洗いができる綿・麻・化学繊維製品の「しまい洗い」に使うことができますよ。

粉末タイプの方が強力で、液体タイプの方は粉末タイプでは使えない毛や絹の衣類にも使えます。

いずれも、ファスナー、ボタン、ホックなど、金属製の付属品がついている場合は使えません。また、色柄ものにも使えますが、心配な場合は事前に目立たない部分につけて、試しましょう。

ぬるま湯+洗剤+漂白剤で「つけおき洗い」

染みや黄ばみに泣きたくない!衣替え前は酸素系漂白剤で「しまい洗い」

40℃くらいまでのお湯に、洗剤と酸素系漂白剤を、つけおきする場合の規定量を入れて、20分から30分くらい、つけおきします。

このとき使う洗剤は、汚れをしっかり落としたい場合は粉末洗剤、おしゃれ着の場合は「おしゃれ着用」がよいでしょう。淡い色の衣類を洗うときは、蛍光剤の入っていないものを使います。

汚れが特に気になる部分には、つけおき前に、シミ用の部分洗い剤や液体洗剤、液体酸素系漂白剤の原液を直接ぬるか、つけおき後に、部分洗いを行います。

粉せっけんと粉末の酸素系漂白剤は、一緒に使うと洗浄力が弱まってしまうことも。この組み合わせのときは、先に粉せっけんで洗濯をして、次に酸素系漂白剤で漂白するようにするといいですよ。

つけおきが終わったら、洗濯機で洗います。つけおきした洗剤液と衣類を洗濯機に入れますが、洗剤液の汚れがひどい場合は、衣類のみを洗濯機に入れ、洗剤類はあらたに計量して使います。水と、他の洗濯物も一緒に入れて、スイッチオン。

洗濯のときは、お風呂の残り湯を使っても大丈夫ですが、すすぎのときは、水道水を使います。粉せっけんをつかう場合は特に、すすぎが悪いと黄ばみの原因になるのでしっかりすすぎます。

しわをつくらないコツは、洗うときとしまうときにあり!

染みや黄ばみに泣きたくない!衣替え前は酸素系漂白剤で「しまい洗い」

シャツやブラウスなどを、いざ着ようとして出してみると、しわが多くてそのままでは着られない……なんて経験はありませんか?しわをつけないためには、洗うときとしまうときの両方に気をつけます。

洗い上がった衣類を洗濯機に長時間入れっぱなしにしておくのはNG。洗濯が終わったら、すぐに洗濯機から衣類を出して、しわをのばして干します。リネンの場合は、弱めに脱水して干すといいでしょう。

セーター類をのぞけば、ハンガーにかけて、ぎゅうぎゅうにつめすぎない状態で保管するのが、しわを防ぐ点ではベスト。スペースの関係で難しい場合は、衣類を手でのばしながら、縫い目に沿って折り、なるべく上に重いものがこないように重ねて保管します。

いつもの洗濯+ひと手間でできる「しまい洗い」。お手入れの前には、衣類の洗濯表示や洗剤類の注意書き・使用方法をよく確認しましょう。

<ライタープロフィール>
土いじりが好きな兼業ライター
竹内百合
所属:comorieサポーター

北国でガーデニングと家庭菜園を楽しんでいます。趣味は保存食づくり。ロシアのダーチャの棚にずらっと並ぶ瓶詰に憧れています。