本文へジャンプします。


現在位置:> > > レコルトのカプセルカッターで作る「簡単冷製スープ」3選

フード・レシピ

 

レコルトのカプセルカッターで作る「簡単冷製スープ」3選

食欲の落ちる夏は冷たいスープがお勧めです。カプセルカッターに食材をどんどん投入するだけと作り方も超簡単!火を使わなくてもいいので、食材さえあれば気軽にいつでも作れます。丸ごと野菜の栄養分を食べられる冷製スープの簡単レシピをご紹介しましょう。

火を使わずにカプセルカッターに材料を放り込むだけ

レコルトのカプセルカッターで作る「簡単冷製スープ」3選

気温が高い日が続いた今年の夏。夏の疲れがどっと出てくる季節ですね。何となく食欲がなかったり、食事の準備をするのも面倒だったりするときは、冷製スープを作ってみませんか?

冷製スープと聞くと、茹でた野菜をつぶしたり、冷やしたり、思った以上に手間も時間もかかるし面倒くさいと思う方もいらっしゃると思います。ところが、フードプロセッサーに食材や調味料を全部入れて、ガーッと混ぜるだけというレシピもたくさんあります。

それでは、レコルトのカプセルカッターで簡単な冷製スープを作ってみます。

アボカドの冷製スープ

レコルトのカプセルカッターで作る「簡単冷製スープ」3選

<材料>
アボカド  1個
牛乳    1カップ
レモン果汁 小さじ1
塩     ひとつまみ

レコルトのカプセルカッターで作る「簡単冷製スープ」3選

アボカドの皮と種を取って、あとは食材をカップに入れて、プッシュボタンを押すだけ。アボカドが全部混ざったら完成です。

ビタミンEや食物繊維も豊富なアボカドを丸ごと食べられる冷製スープなので、しっかり栄養を取りたいときにお勧めです。見た目もさわやかな色合いなので、ちょっとしたおもてなし料理にも使えます。

レコルトのカプセルカッターで作る「簡単冷製スープ」3選

とろりとした口当たりが少ししつこいなと思ったら、ちょっとヨーグルトを加えて攪拌してみてください。より食べやすくなりますよ。

定番のコーンスープも冷製で

レコルトのカプセルカッターで作る「簡単冷製スープ」3選

<材料>
クリームコーン缶 1缶
コンソメキューブ 1個
牛乳       2カップ
水        1カップ
パセリのみじん切り

定番のコーンスープも火を使わずに作ることができます。とろっとしたクリームコーンの缶詰をそのまま使うので、正直カプセルカッターも必要ないくらいです。粉末のコンソメを使うなら、よく混ぜるだけでもOK。あれば、パセリのみじん切りをトッピングしたら完成です。

冷製トマトのスープ

レコルトのカプセルカッターで作る「簡単冷製スープ」3選

トマトのスープといえば、スペインの「ガスパチョ」が有名ですね。ガスパチョの定番食材、パプリカやセロリがなくてもできる「なんちゃってガスパチョ」を作ってみます。

<材料>
トマト      2〜3個
玉ネギ      1/4個
きゅうり     1/2個
オリーブ油    大さじ3
白ワインビネガー 大さじ1
塩    
コショウ

レコルトのカプセルカッターで作る「簡単冷製スープ」3選

きゅうりは皮をむいて、トマトと玉ねぎもざく切りにしておきます。あとはカプセルカッターで攪拌するだけです。白ワインビネガーがない場合は、お酢でOK。トマトときゅうりはあとでトッピングするときれいなので、少しだけ残しておきましょう。

レコルトのカプセルカッターで作る「簡単冷製スープ」3選

トマトの大きさによっては、水分が足りないなという場合も。そんなときは、水を1/2カップ程度加えてください。今回もトマトが小さめだったので水を加えたらなめらかなスープになりました。パンチをきかせたい人はタバスコを少量加えてもおいしいですよ。

冷たい食材ばかりなので、もちろん作ってすぐに食べることもできますが、冷たいスープはきんきんに冷やしていただくと、さらにおいしさがアップします。時間があるときは、ぜひ冷蔵庫で冷やしてから召し上がってください。

recolte Cupsule Cutter(カプセルカッター) RCP-1(グリーン)

<ライタープロフィール>
フリーライター
上野典子
所属:comorieサポーター

京都在住のフリーライター。剣道3段、スキー準指導員の資格を持ち、スポーツは見るのもするのも大好き。サッカー部に所属する息子たちの胃袋を満たすために、簡単で栄養満点の料理を作るのが得意。