本文へジャンプします。


現在位置:> > > 撃退!生乾き臭!酸素系漂白剤で洗濯物の臭いを解消してみた

掃除・洗濯

 

撃退!生乾き臭!酸素系漂白剤で洗濯物の臭いを解消してみた

共働きのわが家では、洗濯物は基本的に室内干し。さらにうちでは、主人の汗だくのシャツや、息子がトイレで失敗した下着など、臭いが強いものが多いという問題があります。そのため生乾きが続くと、どうしても臭いが気になります。洗濯物の臭いには粉末の酸素系漂白剤。そんな情報を聞きつけ、さっそく試してみました。

粉末系漂白剤ラインアップ

撃退!生乾き臭!酸素系漂白剤で洗濯物の臭いを解消してみた

粉末タイプの酸素系漂白剤にはさまざまな種類があります。ドラックストアで真っ先に目に飛び込んできたのは、衣類用の酸素漂白剤としてよく知られているワイドハイターの粉末タイプでした。他にはシャボン玉石けんシリーズから出ている酸素系漂白剤、海外製品ではオキシクリーンなどがあります。今回は、これまでに液体のワイドハイターを使ったことがあったことから、花王のワイドハイター粉末タイプを試してみることにしました。

粉末タイプの酸素系漂白剤を使ってみる

撃退!生乾き臭!酸素系漂白剤で洗濯物の臭いを解消してみた

使い方は、とてもシンプル。普段のお洗濯のときに、洗剤にプラスして漂白剤を追加するだけです。衣類の黄ばみを漂白したい場合にはつけ置きをするようですが、臭いを抑えることや除菌が目的のときは、そのまま洗ってしまって大丈夫とのことでした。

撃退!生乾き臭!酸素系漂白剤で洗濯物の臭いを解消してみた

ワイドハイターの場合、キャップで漂白剤の量を計れるようになっていました。洗濯物の量や、洗濯機の容量にあわせて漂白剤を入れ、あとは普段と同じように洗濯してみます。

粉末の酸素系漂白剤で、どれくらい臭いは抑えられるのか?

撃退!生乾き臭!酸素系漂白剤で洗濯物の臭いを解消してみた

洗い上がったときの感じは、漂白剤を使わないときとあまり変化がありませんでした。漂白剤の香料のさわやかな香りがほのかに残っています。いつもと同じように室内に洗濯物を干して、乾かしました。
正直にいって、最初はあまり効果を実感しませんでした。いつもと違う香料の臭いが加わったために、洗濯物そのものの臭いを感じにくかったからです。けれど、しばらく使ってみると確かに違うことがよく分かってきました。生乾きのときのイヤな臭いが少なくなって、洗濯物を干している部屋の臭いまで解消したのです。

液体の酸素系漂白剤、塩素系漂白剤との違い

撃退!生乾き臭!酸素系漂白剤で洗濯物の臭いを解消してみた

今回使ってみた粉末の酸素系漂白剤ですが、液体の漂白剤とどう違うのでしょうか?主な違いは成分です。粉末タイプは過炭酸ナトリウム、液体タイプは過酸化水素が主成分になっています。そのため、粉末タイプのほうが除菌力が強く、臭いをおさえる効果がより高くなっているのです。また塩素系は漂白力が非常に強く、衣類の色まで漂白してしまいますので、家庭の一般的なお洗濯では酸素系を使いましょう。

粉末タイプの酸素系漂白剤は、液体タイプに比べて高い除菌力をもっているため、洗濯物の生乾き臭をおさえる力も強くなります。液体洗剤が主流の現在ですが、臭いを抑えるならば粉末タイプの漂白剤の方がより効果が出るように感じました。

ワイドハイターEX 粉末タイプ 本体 530g

<ライタープロフィール>
フリーランスライター
石川玲子
所属:comorieサポーター

元々は理系の仕事をしていましたが、現在は2人の子供を育てながら在宅でライターをしています。リケジョでママでライター。日々の暮らしに役立つネタをお届けしたいと思います。どうぞよろしくお願いします。