本文へジャンプします。


現在位置:> > > 【100均】小麦粉ふりふりストッカーは均一に粉をふるえて、ダマ知らず!

インテリア・雑貨

 

【100均】小麦粉ふりふりストッカーは均一に粉をふるえて、ダマ知らず!

小麦粉や片栗粉、粉砂糖などを片手で振り掛けられるDAISO(ダイソー)「小麦粉ふりふりストッカー」。フタと本体の間にネットが付いているメッシュタイプなので粉がダマにならず、均一に粉をふるえて料理に大活躍しています。今回は便利な使用例をご紹介します。

パンやお菓子作りに!

【100均】小麦粉ふりふりストッカーは均一に粉をふるえて、ダマ知らず!

私はよくパンやお菓子を焼くのですが、分量外で必ず使う「打ち粉」を上手に扱えずにいました。打ち粉を振るとき量にムラがあったり、何度も打ち粉が必要になって周囲が粉だらけになってしまったり。

そこでこの「小麦粉ふりふりストッカー」を使ってみたところ、均一に粉を振りかけられる上に、少量で足りるので小麦粉の無駄遣いも減りました!また、このストッカーは持ちやすく、作業の流れをさえぎることなく手際良く粉をまぶすことができるのが本当に便利!手にパン生地がまとわりついた状態でも、指2本で持ってササッと使えるので、「今までなんで使っていなかったんだろう?」と不思議に思うほどでした。

お菓子作りをする場合は、小麦粉だけでなく、粉砂糖、ココアパウダー、シナモンシュガーなどを入れるのも良いですね。焼き菓子やラテアートなどのデコレーションに最適ですから、複数個揃えても良さそうです!

シチューのとろみ付けに!

【100均】小麦粉ふりふりストッカーは均一に粉をふるえて、ダマ知らず!

我が家はクリームシチューやクラムチャウダーなどは市販のルウを使わずに、小麦粉でとろみ付けして作っているのですが、ダマにならないようにするのがちょっとした手間でした。ですがこのネット付きストッカーを使うようになってからはダマ知らず!

わざわざ小麦粉の入っている大きめのケースを出さず、片手のワンアクションで済むので時短にもなりますし、とろみのついたスープの舌触りもなめらかになって味も少しアップした気がします。

ちなみにレシピ的に正確かどうか分かりませんが、我が家流クリームシチューの作り方は、少し多めの油で炒めた具材に小麦粉(薄力粉)を振りかけてさらに炒め、だし汁(ブイヨン)を入れて煮込み、仕上げに牛乳と調味料を加えて味を調えたらできあがりです♪

ムニエルやソテー、唐揚げに!

【100均】小麦粉ふりふりストッカーは均一に粉をふるえて、ダマ知らず!

魚のムニエルなどを作るときには、いつも小麦粉を入れたビニール袋に魚を入れてシャカシャカ振っていた私。手は汚れないのですが、その後のビニール袋の処理が面倒だなと思っていました。少しだけ余る小麦粉ももったいないし、魚の匂いがつくので使い回しは微妙だし、ゴミの分別があるので粉が入った袋ごと捨てるわけにもいかず。

ということで「小麦粉ふりふりストッカー」が満を持しての登場です。片手で必要最低限かつ効率的に粉をまぶせるって、なんて便利なんだ!と一番感動したのは魚料理かもしれません。粉がふんわりかかるので食材に優しく、身が崩れやすいものにもぴったり。魚介料理のバリエーションが増えそうな予感です。

他にも、天ぷら粉のちょい足し用に使ったり、冷しゃぶなど肉の下ごしらえ薄付けしたり。アイデア次第でまだまだ活用できそう。一度使ったら手放せなくなるアイテムだと思います。

<ライタープロフィール>
Webライター
四ツ倉恭子
所属:comorieサポーター

結婚を機に横浜から北海道に移住し、現在は網走市の農村エリアで自然と向き合う暮らしをしています。喜怒哀楽たっぷりの男児育児も満喫中。モットーは「こだわりすぎないスローライフを自然体で」。