本文へジャンプします。


現在位置:> > > カフェインを気にせず楽しめるアイスコーヒー3選

フード・レシピ

 

カフェインを気にせず楽しめるアイスコーヒー3選

妊娠中や授乳中の人はもちろん、健康志向の人からも注目を集めているカフェインレスやデカフェコーヒー。コーヒーチェーン店以外でも、身近なコンビニやスーパーでよく目にするようになりました。気軽に買えて、夏においしいアイスコーヒーをご紹介します。

カフェインレス、デカフェとは?

カフェインを気にせず楽しめるアイスコーヒー3選

「カフェインレス」とは、カフェイン含有量が限りなくゼロに近いもののこと。逆に言えばゼロではないので、ごく少量のカフェインが含まれていることになります。「デカフェ」とは元々カフェインを含んでいるものからカフェインを取り除いたものを指します。どちらも脱カフェイン処理をして、コーヒー豆からカフェインを取り除いているのに変わりはありません。

カフェインには眠気を妨げる作用があるほか、過剰摂取で健康を害することがあると言われています。また胎児や子供に影響を与えるので、妊娠中や授乳中の人も大量摂取は控えるべきとされています。

1日に何杯もコーヒーを飲む人、夜に飲みたい人、妊娠中や授乳中の人でも安心して飲めるのがカフェインレスやデカフェのコーヒーで、近年さまざまな製品が発売されています。

ローソンのマチカフェシリーズ

カフェインを気にせず楽しめるアイスコーヒー3選

まずはローソンのマチカフェシリーズです。コンビニコーヒーとしては初めて、2017年にカフェインレスが登場しました。コーヒーとカフェラテ(それぞれホットとアイス)の4種類があり、コロンビア産のアラビカ豆を100%使用。ウォータープロセス方式という化学物質を使わない用法で、カフェインを97%以上カットしたのが特徴です。

私が好んで飲むのはミルクたっぷりのアイスカフェラテです。シロップなど甘みは入れません。普通のものと比べ、コーヒー感は若干落ちる気がしますが、やさしい口当たりで後味すっきり。パンやおやつにとてもよく合うので、ローソンに寄るとつい購入してしまいます。価格はホットコーヒーが税込150円、アイスコーヒー、ホットカフェラテ、アイスカフェラテはいずれも税込200円です。

ネスカフェゴールドブレンドのボトルコーヒー

カフェインを気にせず楽しめるアイスコーヒー3選

ネスカフェゴールドブレンドのボトルコーヒーにも、2017年3月からカフェンイレスが登場しています。カフェイン97%除去、ネスレ独自の「厳鮮アロマキープ製法」で「香り」「コク」「淹れたて感」にこだわっています。

こちらも甘みを入れず、牛乳を入れて飲むのがお気に入りです。「コク深め」の名前どおりにしっかりコーヒー感があり、冷蔵庫に常備して家で飲みたいときに飲めるのがうれしいです。1本900ml入りで、希望小売価格は176円(税別)。チェーン店などで購入するのに比べてかなりお財布にやさしいコーヒーです。

ネスカフェ ゴールドブレンド コク深め ボトルコーヒー カフェインレス 無糖 900ml×12本

マウントレーニアのデカフェ

カフェインを気にせず楽しめるアイスコーヒー3選

森永乳業のチルドカップコーヒーでおなじみ、「マウントレーニア カフェラッテ デカフェ」もおすすめです。2017年10月に登場したこの製品は、カフェイン97%カットで、通常のカフェラッテに比べカロリー30%オフなのもうれしいところ。

コーヒーの味わいやコクは通常のものとほとんど変わらない印象でした。甘さ控えめなので、甘すぎるコーヒーが苦手な私にはとても飲みやすく、おいしく感じました。1本240ml入りで、希望小売価格は170円(税別)です。

森永 マウントレーニア カフェラッテ デカフェ240ml 10本

健康志向の昨今、カフェインレスやデカフェコーヒーのニーズが高まり、2017年に各メーカーから次々新商品が発売されたようです。カフェインの影響を気にせずに、これらのアイスコーヒーを楽しんでみませんか。

<ライタープロフィール>
フリーランスライター
竹川ともえ
所属:comorieサポーター

北海道に住むフリーランスのライター。読書や旅行が趣味で、季節を感じながらのんびりペースで暮らしています。