本文へジャンプします。


現在位置:> > > 手間をかけずにクリーニング!靴を洗濯機で洗ってみた

掃除・洗濯

 

手間をかけずにクリーニング!靴を洗濯機で洗ってみた

スニーカーや運動靴の汚れが気になったとき、時間をかけてゴシゴシ手洗いするのは大変ですよね。手間をかけずにさっとキレイにするには、衣類と同じく家の洗濯機を使うのが楽ちんです。洗濯機を使う場合のポイントや注意点、洗ってみた感想をお伝えします。

洗濯機で洗ってもいい!

手間をかけずにクリーニング!靴を洗濯機で洗ってみた

私にはこれまで靴を洗濯機で洗う発想はなく、どうしても汚れがひどいときはお風呂場でゴシゴシ手洗いしてきました。しかし、海外では日常的に洗濯機で靴を洗うのは当たり前とのこと。ポイントをおさえれば、家庭の洗濯機でも問題なく洗えることがわかり挑戦してみました。

とはいえ、革靴やヒールのある靴は洗えません。スニーカーや運動靴でも、素材や形によっては靴や洗濯機を傷める可能性があるので注意してください。

ひもや中敷きをはずして小石をとる

手間をかけずにクリーニング!靴を洗濯機で洗ってみた

今回、私が洗うのはキャンバス地の2足のスニーカー。洗う前の準備として、まずは靴ひもを取りはずします。中敷きがある場合もはずしましょう。ひもや中敷きも一緒に洗いますが、中敷きが紙製の場合は、一緒に洗うとボロボロになってしまうので洗濯機に入れないようにしましょう。

手間をかけずにクリーニング!靴を洗濯機で洗ってみた

スニーカーの靴底には細かな溝があり、小石などの小さなごみがはさまっていることがあります。洗濯機を傷めないため、使わなくなった歯ブラシなどを使ってこれを取り除きます。

洗濯ネットに入れていざ洗濯

手間をかけずにクリーニング!靴を洗濯機で洗ってみた

事前の準備が終われば、いざ洗濯へ。厚手で靴が入る大きさの洗濯ネット(我が家は100円ショップで購入)に1足ずつ靴を入れます。衝撃を吸収するクッション材がついた靴用の洗濯ネットも市販されていますので、それを使えばなお良いと思います。靴ひもや中敷きは別の小さな洗濯ネットに入れて、他のものと絡まるのを防ぎます。

手間をかけずにクリーニング!靴を洗濯機で洗ってみた

我が家では収納スペースで使っていたタオルやぞうきんなど、万が一靴の汚れが付着しても問題ないものを一緒に入れました。あとは標準コースで洗濯機を回せばOKです。ただ普段よりも水を多め、洗剤も多めにするのが汚れを落とすためのポイントです。普段使っている液体洗剤、消臭効果のある柔軟剤をいつもと同じように入れてスタートボタンを押しました。

洗濯が終わったら日陰干し

手間をかけずにクリーニング!靴を洗濯機で洗ってみた

1時間もかからずに洗濯が終わると、あとは干して乾かします。色落ちなどを防ぐため直射日光を避け、風通しの良い場所を選んでください。湿気の多い場所では乾くのに時間がかかります。私は新聞紙を引いて家の中で乾かしましたが、一日弱でしっかりと乾きました。

肝心の汚れの落ち具合は、全て落ち切ったかというとそうではありませんが、靴底やつま先の白いゴム部分はけっこうキレイになりました。キャンパス地や靴の中の汗ジミのようなものも思った以上に落ちましたね。通常の洗濯と同じように作業できるので、これからも定期的に靴を洗濯機で洗ってみようと思いました。

靴を洗うのはおっくうだな……と長年の思い込みがありましたが、お気に入りのスニーカーや汚れやすい子供の運動靴、上履きなど、長く履きたい靴には定期的な洗濯が必要ですね。忙しい毎日でも手間がかからない洗濯機洗いを、ぜひ試してみてはいかがでしょうか。

<ライタープロフィール>
フリーランスライター
竹川ともえ
所属:comorieサポーター

北海道に住むフリーランスのライター。読書や旅行が趣味で、季節を感じながらのんびりペースで暮らしています。