本文へジャンプします。


現在位置:> > > 無印良品「自分でつくる スイートポテト」で手軽におやつ作り!

フード・レシピ

 

無印良品「自分でつくる スイートポテト」で手軽におやつ作り!

さつまいも・牛乳・砂糖・バター・卵と、家庭でそろえやすい食材で作ることができるスイートポテト。さつまいもの皮を厚めにむいてゆでたり、裏ごししたりと、作るのには少し手間がかかります。無印良品の「自分でつくる スイートポテト」は、そんな手間を省いてくれるスイートポテトミックスです。

基本の作り方。追加する材料はバターと牛乳のみ!

無印良品「自分でつくる スイートポテト」で手軽におやつ作り!

スイートポテトミックスは、1袋140g。国産のさつまいもパウダーが使われていて、1袋で約8センチのスイートポテトを8個作ることができます。

ほかに必要なのは、牛乳150ml、食塩不使用バター50g。つや出しに卵と水を使います。牛乳は豆乳に替えても大丈夫です。

無印良品「自分でつくる スイートポテト」で手軽におやつ作り!

まず、電子レンジや湯せんなどでバターを溶かして液体にします。オーブンを使って焼く場合は、180℃に余熱します。

スイートポテトミックスをボウルにあけ、溶かしバターと牛乳を入れ、へらなどで混ぜ合わせます。はじめはベタベタした感じがありますが、5分ほど混ぜていくと、きちんとまとまります。

卵黄1個と水小さじ1を合わせて、つや出し用の卵液を作ります。整形したスイートポテトに卵液をはけで塗り、オーブントースターまたは180℃のオーブンで約10分焼きます。

機種によって焼き時間は多少異なるので、様子を見ながら調整します。

無印良品「自分でつくる スイートポテト」で手軽におやつ作り!

あっという間に、しっとり滑らかな食感のスイートポテトができあがりました!

スイートポテトの簡単アレンジ2種

無印良品「自分でつくる スイートポテト」で手軽におやつ作り!

簡単アレンジの1つめは「形を変える」です。

生地を作ってから、キャラクターや動物など好きな形に整形し、卵液を塗って焼きます。焼き上がって少し冷めたところで、チョコペンなどで絵をかきます。

無印良品「自分でつくる スイートポテト」で手軽におやつ作り!

もう1つは、「絞り出し袋を使う」です。

絞り出し袋にスイートポテトの生地を入れて、アルミカップなどの上に絞り出して焼きます。写真右のスイートポテトは、絞り出した生地の上にあんこを載せて、さらにその上に絞り出してから焼きました。

スイートポテトを使ったお手軽パフェ♪展開いろいろ

無印良品「自分でつくる スイートポテト」で手軽におやつ作り!

パフェと聞くと、お店で食べるものと思ってしまうかもしれませんが、生クリームなどのクリーム類、果物やスポンジケーキ、シリアルなどを使って、気軽に家に作ることができます。

無印良品「自分でつくる スイートポテト」で手軽におやつ作り!

今回は、焼く前のスイートポテトを「さつまいもクリーム」として使い、生クリームとヨーグルトを合わせたクリーム、市販のシフォンケーキ、蒸し煮したりんごを使って作りました。

無印良品「自分でつくる スイートポテト」で手軽におやつ作り!

ガラスコップなどの底に、生クリームとヨーグルトを合わせたクリーム、さつまいもクリームをしき、上にりんご、シフォンケーキを並べていきます。

クリームと固形物をお好みで交互に重ねていき、一番上にさつまいもクリームを絞り出します。仕上げに粉糖やシナモンをふりかけます。

パフェのほかにも、スイートポテト生地をクリームチーズと合わせて焼けば「さつまいもチーズケーキ」、冷凍パイシートで包んで焼けば「スイートポテトパイ」に。大きめの容器に入れて焼けば、スコップスイートポテトにもなります。

手間なしでおいしいスイートポテトができる「自分でつくる スイートポテト」。アイデア次第でいろいろ展開できるのも、うれしいところです。パーティーのお持たせスイーツにもいいですね。

<ライタープロフィール>
土いじりが好きな兼業ライター
竹内百合
所属:comorieサポーター

北国でガーデニングと家庭菜園を楽しんでいます。趣味は保存食づくり。ロシアのダーチャの棚にずらっと並ぶ瓶詰に憧れています。