本文へジャンプします。


現在位置:> > > 【100均】「簡単密閉シーラー」でお菓子の湿気知らず♪

インテリア・雑貨

 

【100均】「簡単密閉シーラー」でお菓子の湿気知らず♪

お菓子の袋などをピタッと閉じることができるハンディシーラーを、100円ショップのセリアで購入してみました。輪ゴムなどで留めておくだけだと、すぐに開けられる分、おかわりをしたくなりますが、シーラーで留めておくと、「これで終わり」と気持ちが切り替えやすいです。そして何にでも試したくなるほど楽しいですよ♪

セリアの「簡単密閉シーラー」の使い方

【100均】「簡単密閉シーラー」でお菓子の湿気知らず♪

セリアの「簡単密閉シーラー」は、本体の他に単3アルカリ乾電池が2本必要です。使用できる素材は、アルミ蒸着袋、ポリプロピレン(PP)・ポリエチレン(PE)・塩化ビニールで厚みが0.1mmまでの袋。商品によっては、プラマークなどの横に使われている素材が記載されています。0.1mmというのは正直、よく分かりませんが、袋菓子は問題なく使えました。

【100均】「簡単密閉シーラー」でお菓子の湿気知らず♪

最初に本体に電池をセットします。このときにグレーの安全カバーが閉じていることを確認しましょう。こちらの商品は電源がないので、電池を入れると発熱し始めます。使用前に安全カバーを開け、シーラーで袋を3秒間押さえます。そしてシーラーを押さえたままシールする方向にスライド。手で押さえている袋の端の部分は、最後にくっつけるといいでしょう。これでピタッとくっつきますよ。

便利な活用方法3選

【100均】「簡単密閉シーラー」でお菓子の湿気知らず♪

シーラーを使うと、湿気にくく、においが気にならないのが良さ。これには同感なのですが、5人家族のわが家の場合は、湿気ってしまう前に食べ終わってしまうというのも現実です(笑)。

では、何が便利なのか……。

・子供がグシャッと袋を開けても密閉しやすい
・「今日のお菓子はこれだけ」とケジメをつけやすい
・手作りお菓子のラッピングに便利

@子供がグシャッと袋を開けても密閉しやすい
子供が自分でお菓子の袋を開けると、袋の上部ではなく、斜めに開けたり、縦に開けたり。輪ゴムや洗濯バサミでは留めにくいケースも出てきますが、シーラーなら袋が重ねられさえすれば留められ、便利です。車に置いておけば、外出先でも手軽に使えます。

A「今日のお菓子はこれだけ」とケジメをつけやすい
一袋食べきってしまうと太ると分かっていても、ついつい手が伸びてしまうことがあります。でも、お菓子を皿に入れ、シーラーで袋を留めておくようにしたら、自然と気持ちを切り替えやすくなりました。前述した通り100均のシーラーは、電源がなく、使い終わったら電池をはずさなければいけません。このひと手間がちょっと面倒なので、シーラーで留めた袋を再度開封して食べようという気にならないのかもしれませんね。

子供も、お菓子を出した後に、目の前で密閉すると気持ちが切り替わりやすいようで、「もっと食べたい!」と言わなくなりました。

B手作りお菓子のラッピングに便利
クッキーなどを焼いて誰かにあげるときに、シーラーで留めると、一気にお店のお菓子のようになります。きれいなラッピングはちょっと練習が必要ですが、できると感動します。

鹿児島では大きなセリアに行ったのですが、こちらの簡単密閉シーラーは残り1つでした。気になっている方は、見つけたときに購入するのがおすすめです。

<ライタープロフィール>
フリーライター
奥地美涼
所属:comorieサポーター

自宅で仕事を始めて11年半。最初は夫婦のみだった家族が、今は娘が3人生まれ5人になりました。毎日バタバタですが、「まぁ、楽しければいいか!」が最後の判断基準に。ゆるゆる生きています♪