本文へジャンプします。


現在位置:> > > 実は簡単!自宅でダウンジャケットを手洗いするコツ

掃除・洗濯

 

実は簡単!自宅でダウンジャケットを手洗いするコツ

冬の間に活躍したダウンジャケット。クリーニング店に持って行くと、最低でも数千円はかかります。私はここ数年、家族のダウンジャケットを全部手洗いしていますが、とりあえずトラブルはゼロ。用意するものや手順に加えて、キレイに仕上げるコツをご紹介します。

ダウンは自宅で洗濯できるか否か

実は簡単!自宅でダウンジャケットを手洗いするコツ

今年も何度となく袖を通したダウンコート。もう何年前に購入したものか忘れてしまうほど着倒しているものなので、私は毎年手洗いしています。

実は簡単!自宅でダウンジャケットを手洗いするコツ

表示には「水洗い不可・ドライ(石油系)のみ」とありますが、思い切って手洗いしてみたところ、特に何の問題もなかったので、以来ずっと自宅で洗濯するようになりました。

もちろん、レザーやフェイクレザー、ウールなどを使っているものは、プロに任せる方が無難です。フードにファーが付いている場合も、ふわふわ感がなくなってしまう可能性があるので、クリーニング店に出しましょう。

自宅で洗うときの手順

実は簡単!自宅でダウンジャケットを手洗いするコツ

洗濯には、ぬるま湯と、中性のおしゃれ着用洗剤を使います。手洗いでも洗濯機の手洗いコースでもどちらでも大丈夫ですが、今回は、洗濯槽を使って手洗いし、その後、軽いすすぎと脱水は洗濯機に任せるという方法でやってみます。

<手順>
1. フードがあれば取りはずす
2. ファスナー、ボタンなどは留める
3. 汚れの目立つ箇所は、ぬるま湯に洗剤を溶かし、スポンジで叩いて汚れを落とす
※特に汚れやすいのは袖口です。袖口は外側だけでなく、裏側も汚れていることが多いので、しっかり確認しましょう。襟元や裾も案外汚れているので、丁寧に汚れを落としておくと、キレイに仕上がります。

実は簡単!自宅でダウンジャケットを手洗いするコツ

4. ぬるま湯と洗剤を入れた洗濯槽にダウンを入れ、押し洗いする
※ダウンはなかなか水を吸わないので、普通に洗濯機で洗おうとしても、ダウンが上に浮き上がってしまいます。時間をかけてしっかり押し洗いしましょう。

5. 洗濯槽の中で何度か水を換えて押し洗いするか、手洗いコースなどを選んですすぐ
※すすぎはお風呂のシャワーを使ってもOK。

実は簡単!自宅でダウンジャケットを手洗いするコツ

6. 洗濯機で1分程度、脱水する
※脱水後は、ダウンコートに洗濯じわがよっているので、すばやく取り出しましょう。

これで、洗濯は完了です。

仕上げに差がつく、干すときのコツ

実は簡単!自宅でダウンジャケットを手洗いするコツ

脱水してもダウンが水をため込んでいるので、ダウンコートは相当の重量があります。細いハンガーで干すと型崩れの原因になるので、できるだけ幅のあるハンバーを利用しましょう。

あとは風通しのいいところに干しておくだけ。ある程度乾いたら、コートを軽く叩いて中のダウンをほぐします。

実は簡単!自宅でダウンジャケットを手洗いするコツ

私は4月のそれなりに天気のいい日に干しましたが、朝9時に干しても1日ではすっきり乾きませんでした。2日〜3日くらいかけて中のダウンまで、しっかり乾かしてください。中途半端なままクローゼットなどに片付けてしまうと、カビの原因になります。

干していると、ダウンにしみ込んだ水分が下に下がってきます。早く乾くようにぎゅっと絞りたくなるところですが、そこはぐっとガマン。タオルを押し当てて、水分をそっと吸い取ってください。絞ってしまうと、ペタッとした仕上がりになってしまいます。

手順を守れば、ほとんど失敗することはないでしょう。ですが、高い値段を出して購入したものやお気に入りはクリーニング店に出したほうが安心なのは確か。家庭でのダウン洗濯は、「万が一失敗しても、もう普段着だから」といったものから試してみてください。

<ライタープロフィール>
フリーライター
上野典子
所属:comorieサポーター

京都在住のフリーライター。剣道3段、スキー準指導員の資格を持ち、スポーツは見るのもするのも大好き。サッカー部に所属する息子たちの胃袋を満たすために、簡単で栄養満点の料理を作るのが得意。