本文へジャンプします。


現在位置:> > > 子供お気に入りの靴下に穴が…!つくろい方を写真で解説!

整理・収納

 

子供お気に入りの靴下に穴が…!つくろい方を写真で解説!

気が付いたら、靴下に穴が開いている……!ということ、ありませんか?わが家では、特に動きの激しい子供の靴下にすぐ穴が開いてしまいます。買い換えればいいのですが、お気に入りの靴下だったりすると、処分するのを子供がイヤがることも。そこで、ネットで見つけた補修方法にチャレンジしてみました。裁縫がさほど得意ではない筆者でも割と簡単にできたので、その様子をレポートします!

用意するもの

子供お気に入りの靴下に穴が…!つくろい方を写真で解説!

両足のつま先4カ所に穴が開いていた子供の靴下。何度も洗濯していて少し履き古している感はあるものの、穴以外の場所はまだまだ丈夫です。今回は、この穴をふさぐ作業に挑戦です。

靴下の穴の補修方法には、穴の周りを糸でかがって引き絞ったり、当て布を縫いつけて穴を塞いだり、市販のアイロン接着補修布を利用したりといくつかあるようです。今回は、穴が隠れるように糸を織物状に通して全体をカバーする方法を選びました。

子供お気に入りの靴下に穴が…!つくろい方を写真で解説!

使う道具は、まず、糸と針、糸切りばさみ。糸は100円ショップなどにもある細い毛糸や、刺繍糸でいいようです。靴下の色と揃えると目立ちませんが、あえて違う色にしてアクセントにするのも「アリ」です。今回は子供の靴下ということもあり、写真のカラフルな刺繍糸を使うことにしました。針は使う糸に合わせて、刺繍針や細めの毛糸用の針を選びます。

そして、糸の横に写っている緑色のボールは何に使うかというと……。

子供お気に入りの靴下に穴が…!つくろい方を写真で解説!

緑色のボールは、靴下の中に入れて輪ゴムなどでとめ、穴の部分を広げて縫いやすくするために使います。でも、下の写真のように靴下に手を入れて縫うのでもOKなので、なくてもまったく問題ありません。

子供お気に入りの靴下に穴が…!つくろい方を写真で解説!

靴下に片手を入れて、指先でのばしながらでも十分縫えます。

準備ができたら、作業スタート!

子供お気に入りの靴下に穴が…!つくろい方を写真で解説!

まず、穴をカバーする範囲を大まかに決めます。ここでは、写真のピンクの点線で囲ったあたりをカバーすることにします。

子供お気に入りの靴下に穴が…!つくろい方を写真で解説!

靴下の裏側から針を刺して糸を出し、カバーする範囲を端から埋めていくように、縦に糸を渡していきます。糸を渡す順番は、写真の矢印のとおり。糸端は玉結びにせず、そのまま数センチ分を裏に出しておきます。

子供お気に入りの靴下に穴が…!つくろい方を写真で解説!

穴をカバーするように縦糸を渡し終わったところです。

子供お気に入りの靴下に穴が…!つくろい方を写真で解説!

次は、横に糸を渡します。このとき、縦に渡した糸の上下をたがいちがいに通すようにしていきます。写真で、針が縦糸の上と下を交互に通っているのがわかるでしょうか。

子供お気に入りの靴下に穴が…!つくろい方を写真で解説!

縦糸の時と同様、端まで糸を渡したら今度は逆方向に向かいます。今度は、前の段で下になっていた縦糸が上になるよう交互に針を通します。これを繰り返して、縦糸を通した部分を埋めていきます。

子供お気に入りの靴下に穴が…!つくろい方を写真で解説!

全体に横糸を渡し終わったところです(ピンボケになってしまいました……)。

子供お気に入りの靴下に穴が…!つくろい方を写真で解説!

靴下からボールを取り出して裏返し、裏側に針を出して糸端の始末をします。縫い始めの糸端(写真では、紫がかったピンク色の糸の部分)を絡めながら、裏に出ている縫い目をくぐらせ巻きつけるようにするのを数回繰り返して固定します。靴下を裏返すときは、針にくれぐれもご注意を。

できあがり!

子供お気に入りの靴下に穴が…!つくろい方を写真で解説!

こんな感じで完成です!穴の大きさにもよりますが、慣れれば10分もかからずにできるようになります。一見複雑そうに見えて実は単純な作業なので、テレビを見たりおしゃべりしたりしながら、ちゃちゃっと手軽にできるのもウレシイところ。

当の子供はというと、補修したツギハギ部分を嫌がるかと思いきや、第一声は「カワイイ♪」。お気に入りの靴下を延命できて、とても喜んでいました。以前のように頻繁に履いていますが、今のところ洗濯でほつれてくることはありません。これからは、靴下の穴を見つけてもガッカリせずに済みそうです。

<ライタープロフィール>
ライター、Webエディター、サイト制作管理など、Web周辺仕事請負人
多田エツコ
所属:comorieサポーター

家にいることが好きすぎて、仕事も自宅でするようになってしまった筋金入りのインドア派。青空が気持ちいい晴天の日、洗濯物や布団を思う存分干すときに無上の幸せを感じます。