本文へジャンプします。


現在位置:> > > 【無印良品】無着色・無漂白のドライフルーツの発売がうれしい!

フード・レシピ

 

【無印良品】無着色・無漂白のドライフルーツの発売がうれしい!

3月に発売された、無印良品の「まんまのドライフルーツ」は無着色・無漂白。果実の色を生かして作られています。ドライフルーツの漂白剤や着色料が気になって、買うのをやめたことがある筆者にとっては、うれしい限りです。14種類あるラインアップの中から、特に気になった7アイテムを食べてみました。

初めて見たドライストロベリー。見た目は!?味は◎

【無印良品】無着色・無漂白のドライフルーツの発売がうれしい!

今回食べた商品の中で、見た目の印象が一番よくなかったのが、実はこのストロベリーなのです。生のイチゴの鮮やかな赤色とはだいぶかけ離れた、暗い赤色をしています。

でも、「いったい味はどうなのかしら!?」という好奇心で、最初にカゴに入れました。

味は、いい意味で見た目を裏切ってくれています。やや酸っぱめのイチゴジャムを濃縮したような、イチゴのおいしさがギュッと詰まった味。実は堅すぎず、とてもおいしいです。

1袋に11粒入っていました。40g、350円(税込)。

まんまのドライフルーツ ストロベリー

目の覚めるような酸っぱさがおいしいゴールデンベリー

【無印良品】無着色・無漂白のドライフルーツの発売がうれしい!

栄養価が高く、「スーパーフード」と呼ばれることもあるこのフルーツ。正体は、食用ほおずきです。昨年、生食で何回か食べたことがあったので、ドライフルーツに興味を持ちました。

袋を開けると、甘酸っぱいよい香り。口に入れると、さわやかな甘さの後から、目の覚めるような酸っぱさを感じました。とはいえ、いやになる酸っぱさではなく、酸っぱいもの好きにとっては、クセになりそうな酸味です。

レーズンより一回りくらい大きい粒が、袋にぎっしり入っています。35g、350円(税込)。

まんまのドライフルーツ ゴールデンベリー

花のような見た目がかわいらしいパイナップル

【無印良品】無着色・無漂白のドライフルーツの発売がうれしい!

袋を開けたとき、パイナップルの甘い香りにクラッときました。口に入れた瞬間は、ほとんど味を感じませんが、噛みしめると、パイナップルの甘酸っぱさが口いっぱいに広がります。

パイナップルを輪切りにして乾燥させたもので、「花」の中心部に当たるのはパイナップルの芯です。もちろん、食べられます。

6枚入っていました。30g、390円。

味はまるで干し柿!?のアプリコット

【無印良品】無着色・無漂白のドライフルーツの発売がうれしい!

一口食べたときの印象は、記憶の中にあるドライアプリコットと「違う」ということ。どちらかと言えば、「甘酸っぱい」ものと思っていたドライアプリコットですが、これは、干し柿のような濃厚な甘さを感じました。意外な味に驚きましたが、これはこれでおいしいです。

スーパーなどで見かけるドライアプリコットは、もっと明るいオレンジ色をしていますが、こちらは「まんま」の色です。

1粒で結構ボリュームがあります。65g、290(税込)円。


まんまのドライフルーツ アプリコット

トロピカル系ドライフルーツの定番マンゴー

【無印良品】無着色・無漂白のドライフルーツの発売がうれしい!

袋を開けると、マンゴーの甘酸っぱい匂いが広がります。甘さと酸味のバランスがよく、香りもとてもいいと思いました。もう1切れ、もう1切れとついつい手が伸びてしまうマンゴーです。

いつもは、お気に入りのブランドのドライマンゴーを食べていますが、無印良品のマンゴーもいいですね。51g、290円(税込)。


まんまのドライフルーツ マンゴー

懐かしい味わいの「デーツ」

【無印良品】無着色・無漂白のドライフルーツの発売がうれしい!

中東への海外出張のお土産で、一時期よく食べていました。転職してからはその機会がなくなり、残念に思っていたのがデーツです。

黒糖かりんとうの甘い香りに、どこか懐かしい感じの甘さ。他のドライフルーツに比べるとカロリーがやや高く、エネルギーチャージにもってこいのフルーツです。75g、290円(税込)。


まんまのドライフルーツ デーツ

大きい干しブドウ!?控えめな酸味と甘みがおいしいアメリカンチェリー

【無印良品】無着色・無漂白のドライフルーツの発売がうれしい!

ちょっと大きめのレーズンみたいな食感と味。生で食べるアメリカンチェリーの味はほとんど感じませんが、甘すぎず、酸っぱすぎずで、食べやすいです。


まんまのドライフルーツ アメリカンチェリー


素材のおいしさがギュッと詰まった「まんまのドライフルーツ」。ファスナー付きの袋で、携帯にも便利です。一瞬「えっ!?」と思ってしまう色もあるかもしれませんが、これが自然の色。作り手に思いをはせながら、味わってみてはいかがでしょうか。

<ライタープロフィール>
土いじりが好きな兼業ライター
竹内百合
所属:comorieサポーター

北国でガーデニングと家庭菜園を楽しんでいます。趣味は保存食づくり。ロシアのダーチャの棚にずらっと並ぶ瓶詰に憧れています。