本文へジャンプします。


現在位置:> > > 「うちの子はYouTubeばっかり見ている」そんなとき親はどうすればいい?

ライフスタイル

 

「うちの子はYouTubeばっかり見ている」そんなとき親はどうすればいい?

昔は、漫画、テレビゲーム、そして今はスマホにYouTube。子供が夢中になっているものを止めさせるのは、今も昔も簡単なことではありません。「ルールを決める」と口で言うのは簡単ですが、家族で決めたルールを子供に守らせるためには、どんな声かけが必要か、考えてみましょう。

親の都合で見せていた動画

「うちの子はYouTubeばっかり見ている」そんなとき親はどうすればいい?

うちの子供はスマホがない時代に幼少期を過ごしたので、昨今の事情とは随分違っています。ただし当時は当時で、「子守りをビデオにさせている」ことが問題になっていました。在宅で仕事をしていた私は、2歳の息子が「公園に行きたい」というのに「もうちょっと待って」とパソコンに向かい、まさに好きなビデオを見せて時間稼ぎをしていたわけです。

それにも関わらず、子供のほうが「ビデオを見たい」と言い出したら「今日はもうおしまい」と親の都合で見せないこともしばしば。親が見せたいと思う英語の歌のビデオはすぐ飽きてしまうのに、大好きなウルトラマンや仮面ライダーは何度でも夢中で見ていました。

いずれ、親が見せたいものだけというわけにはいかなくなる

「うちの子はYouTubeばっかり見ている」そんなとき親はどうすればいい?

小学校に上がる前の子供でも、スマホやタブレットを自分で操作できる子は少なくないでしょう。YouTubeにしても最初は親が探した動画だけを見せていたはずなのに、いつの間にかそういうわけにもいかなくなるもの。

病院での待ち時間だけ。車での移動中だけ。知育系のものだけ。30分だけ。1時間だけ。だんだんと「●●だけ」という基準がゆるくなり、人前で泣かれるのが面倒で、まあいいかと許してしまい現在に至っている。

こういう話を聞くと、私がこの時代に未就園児を育てていたら、きっと同じことで悩んでいるだろうなと思います。

子供が何を見て、何に夢中なのか知ってみる

「うちの子はYouTubeばっかり見ている」そんなとき親はどうすればいい?

未就園児と小学生低学年・高学年、中高生、男女でも好きな動画は違うはず。まず、我が子がどんな動画が好きで、今は何に夢中なのかを知ることから始めましょう。

加えて、子供が自分で動画を見られる年齢になっても、暴力的な動画やセクシーな動画などが表示されないように制限をかけることは最低限やっておきたいものです。以下には、おすすめの方法やアドバイスが公開されているので、ぜひ参考にしてください。

YouTube保護者向けリソース

話し合える年齢であれば、一緒にルールを考える

「うちの子はYouTubeばっかり見ている」そんなとき親はどうすればいい?

小学生以上であれば、親子でYouTubeに関するルールを話し合ってみましょう。一方的に親の意向を押し付けるのではなく、まず
・友だちの間で今何が流行っているのか
・何が見たいのか
・どのくらいの時間見たいのか
などを聞いてみてください。子供がここまで夢中になる理由の一端が分かるかもしれません。

当然、動画の中には一緒に見て楽しめるものもあるはず。一方的に否定するだけでなく、子供の考えていることを理解した上で、「サッカーも習っているし、学校の宿題もある。ゲームもしたいよね?YouTube見たいのは分かるけど、ずっと見てたら他のやりたいこと、何もできなくなるよ。時間決めてみたら?」という感じはどうでしょうか。

その上での声かけは、こんな感じで

「うちの子はYouTubeばっかり見ている」そんなとき親はどうすればいい?

子供は自分で決めたルールなら間違いなく守るもの……というほど簡単ではありませんね。私は高校生が相手ですので、「自分で決めたことやろ、守りなさいよ!」と結構頭ごなしに叱ってしまいますが、未就園児や小学生などは声かけの仕方が大事です。

お勧めの方法は、「YouTube以外のもっと好きなことに誘導する」ことでしょうか。ただし、これは内容がどんなことでも「親が一緒に行う」という部分が重要。そういえば、ビデオを見ているときでも、「絵本読んであげようか」「一緒にパズルする?」なんて言葉をかけると大喜びした息子の顔を思い出しました。

親のほうが、スマホに夢中になっていると「ママだってスマホばっかり見てるくせに」なんて言われてしまうかもしれません。子供のルールを決めたら、自分のスマホへの向き合い方も見直したいものです。

<ライタープロフィール>
フリーライター
上野典子
所属:comorieサポーター

京都在住のフリーライター。剣道3段、スキー準指導員の資格を持ち、スポーツは見るのもするのも大好き。サッカー部に所属する息子たちの胃袋を満たすために、簡単で栄養満点の料理を作るのが得意。