本文へジャンプします。


現在位置:> > > 【100均】ダイソー「クッションにもなる収納袋」でかさばる冬布団をお片付け

インテリア・雑貨

 

【100均】ダイソー「クッションにもなる収納袋」でかさばる冬布団をお片付け

厚手の掛け布団やブランケットがそろそろいらなくなる季節ですね。皆さんは毎年どう収納されていますか?我が家でも、冬の間は吹雪などの災害に備えて自家用車に積んでいる毛布をどうしようかなと考えていましたが、そんなときに出合ったのがDAISO(ダイソー)の収納袋でした。

DAISO(ダイソー)の「クッションにもなる収納袋」

【100均】ダイソー「クッションにもなる収納袋」でかさばる冬布団をお片付け

私がよく行く店舗では、300円のもの(45×45×10cm)と、400円のもの(55×55×20cm)の2種類を販売していて、色はブラウン、グリーン、ブルーの3色。300円の小さいサイズには150×200cmのブランケットが約5枚分、400円の大きいサイズだと、約10枚分収納できると書いてあります。

「なんだ、DAISO(ダイソー)だけど100円じゃないんだ」と思った方もいるかもしれませんが、同様のものをネットで調べると、安くても800円台、デザインによっては約2,000円〜と結構するので、3〜400円しても安いのです。今回私は大きいサイズを2つ購入しました。

中に入れてみたのは、毛布と羽毛掛け布団!

【100均】ダイソー「クッションにもなる収納袋」でかさばる冬布団をお片付け

最初は車に積んでいた毛布を入れて、そのまま車内でクッションとして使おうと考えていましたが、大きいサイズは座席1つ分をゆうに占拠してしまうので、車載は早々にあきらめ、自宅リビングで使うことにしました。

収納袋に合うように毛布を折りたたんで入れてみると、1枚では収納袋にゆとりがありすぎる感じ。毛布をもう1枚足して2枚にしてみたらピッタリでした!

毛布なのでクッションのような弾力はあまりありませんが、厚めの座布団といったところ。高さがあるので「座る」というより「腰掛ける」感じになり、また寝転んだときの枕としてもなかなかフィットします。

もう1つの収納袋には、普段使っていない羽毛掛け布団を入れてみました。こちらは空気を含んでいる分、1枚でちょうど良いボリュームに。羽毛だけあってフカフカですが、座りすぎるとペチャンコになりそうで、その点は若干気を遣います。再び羽毛布団を使う際には、天日干しするかコインランドリーの乾燥機などを利用すると良いかもしれません。

それにしてもこの商品、単なる「収納袋」としても意外と気が利いていて、持ち手がしっかり付いているのがポイント高いです。きちんと縫い付けてあるので持ち運びにも不安を感じませんし、高いところに置いておいても取るときにも便利そう。ここにタグをくくりつけて中身を記しておいても良いですね。

サイズ違いで、あれこれ収納!

【100均】ダイソー「クッションにもなる収納袋」でかさばる冬布団をお片付け

後日、300円の小さなサイズも追加で1つ購入したのですが、次男が見付けた途端に「ぼくのね!」と自分のものにしてしまいました。曰く「古いけれど捨てられない思い出のベビー布団を入れたい」のだとか。なるほど。

私はシーツやタオルケットを収納しようと思っていたのですが、他にも寝袋を2〜3個まとめたり、もともとある複数のクッションをひとつにしたり、と整理整頓にも重宝しそう。サイズ違いでまたいくつか買い足そうと思います!

我が家はクローゼットや納戸が少ないため、なるべく物を増やさない暮らしを心掛けているものの、季節ごとのファブリックや布団などはなくすわけにもいかず、一番の悩みのタネでした。DAISO(ダイソー)の商品は値段も安く手が出しやすいので、皆さんも春の衣替えなどに活用してみてくださいね。

<ライタープロフィール>
Webライター
四ツ倉恭子
所属:comorieサポーター

結婚を機に横浜から北海道に移住し、現在は網走市の農村エリアで自然と向き合う暮らしをしています。喜怒哀楽たっぷりの男児育児も満喫中。モットーは「こだわりすぎないスローライフを自然体で」。