本文へジャンプします。


現在位置:> > 楽しいけれど、悪質な落とし穴も。子供とYouTube

まとめ・特集

 

楽しいけれど、悪質な落とし穴も。子供とYouTube

便利で楽しいYouTube。最近ではテレビ代わりに見たり、ゲームをやっている動画を見て楽しんだりする子も多いようです。すっかり身近になったYouTubeですが、広いネットの世界の入り口でもあるだけに、意外な危険もひそんでいます。

その動画、本当に子供向け?エルサゲートの危険

楽しいけれど、悪質な落とし穴も。子供とYouTube

エルサゲートという言葉は知っていますか?エルサとは「アナと雪の女王」のヒロインの一人であるエルサのこと。エルサゲートとは、エルサのような子供に人気のあるキャラクターのアニメーションや着ぐるみを使って個人が製作した動画で、暴力やホラー、性的な内容など子供には不適切を含む動画のことです。

子供たちの多くは、見たい動画を探すとき、動画の説明文よりはサムネイル画像と呼ばれる動画の一部を切り取った絵を見ながら動画を探します。そのため、サムネイルに好きなキャラクターが出ていると、内容を確認せずに見てしまい、エルサゲートに触れてしまう可能性があるのです。

ゲーム実況動画。誰が誰に向けて発信しているの?

楽しいけれど、悪質な落とし穴も。子供とYouTube

子供たちに人気のある動画コンテンツの1つにゲーム実況動画があります。これはゲームをしている人が、プレイしながら解説を加えるなど、ゲームの様子を実況している動画です。ゲームを持っていなくてもゲームをしているような気持ちになれたり、上手なプレイを参考にしたりなどの目的で見る子供が多いようです。

しかしゲーム実況動画にも注意が必要です。なぜなら動画を製作、配信している人は子供向けの動画を作るプロではないからです。操作を失敗したときなどに舌打ちや罵声などが出てきたり、ゲーム内のイベントや他のプレイヤーに対して荒い言葉を使ったりなど、子供には真似してほしくない行動が含まれている可能性も少なくありません。

スマホを見るときの姿勢も注意

楽しいけれど、悪質な落とし穴も。子供とYouTube

子供がYouTubeを見るときに気にしたいのは、動画の内容だけではありません。操作のしやすいスマホやタブレットから動画を見る場合、どうしても画面に食いつくように見てしまい、気が付けば長い時間猫背で過ごすことになってしまいます。

スマホなどを熱心に見ることは、大人でも肩こりなどの原因になりますし、目の疲れなど気になる症状を引き起こす可能性もあります。まだ繊細な子供ですから、やはり姿勢や目の問題に気を付けてあげたいものです。

YouTubeと上手く付き合う簡単な方法

楽しいけれど、悪質な落とし穴も。子供とYouTube

ここまでYouTubeを子供に見せるリスクを紹介してきましたが、やはり今の時代子供にYouTubeを一切見せないというのも難しいもの。そこで提案したいのは、YouTubeを見るときはテレビやパソコンのモニターなど、大きな画面で見る方法です。ケーブルなどを使って、スマホやタブレットの画面をテレビなどの画面に映すことができるのです。こうして大きな画面で動画を見ることで、保護者も子供の見ている動画の内容をチェックしやすくなりますし、小さな画面にかぶりついて姿勢が悪くなる問題も解決することができます。

子供の年齢が上がれば、YouTubeだけでなく様々なサイトに自分の力でアクセスすることも増えていくでしょう。大きな画面を使って、動画との付き合いかたを一緒に考えることで、今後のインターネットとの付き合い方も教えていけるといいですね。

<ライタープロフィール>
フリーランスライター
石川玲子
所属:comorieサポーター

元々は理系の仕事をしていましたが、現在は2人の子供を育てながら在宅でライターをしています。リケジョでママでライター。日々の暮らしに役立つネタをお届けしたいと思います。どうぞよろしくお願いします。