本文へジャンプします。


現在位置:> > > 捨てないで!簡単お掃除グッズ4選〜歯ブラシ、フリース、ストッキング、芯

掃除・洗濯

 

捨てないで!簡単お掃除グッズ4選〜歯ブラシ、フリース、ストッキング、芯

あまり掃除が好きではない私ですが、雑誌やネットなどで紹介されている掃除ネタは、ついつい読み込んでしまいます。特に、捨ててしまうようなものが、うまく活用すれば掃除道具になるというのが面白く、試してみることもしばしば。使い終わったらそのままゴミ箱に捨てられるのが便利だなと思っています。そこで今回は、その中から実際に生活に取り入れている方法を4つご紹介します。

使い古し歯ブラシは毛先をカットして!

捨てないで!簡単お掃除グッズ4選〜歯ブラシ、フリース、ストッキング、芯

最初にご紹介するのは「使い古し歯ブラシ」。掃除グッズの定番ですが、毛先を切ってから使うのがポイントです。コシが出て使いやすくなります。歯を磨くとき、歯ブラシを歯に対して垂直に当てるのを思い出し、掃除でも同じかもと思い、広がった毛先ができるだけ垂直に立つようなところまでカットして試してみたのがきっかけでした。

また排水口などを洗うときは、1本の歯ブラシでチマチマこすると時間がかかるので、複数本束ねて使うと便利です。使用済歯ブラシがたくさんあるときしかできませんが、機会があったらぜひ試してみてください。磨きやすさがグッと変わります。

フリースで家電のお掃除

捨てないで!簡単お掃除グッズ4選〜歯ブラシ、フリース、ストッキング、芯

軽くてやわらかい「フリース」。冬の必需品ですが、静電気が起きやすく、どうしてもホコリが付きやすいため、ワンシーズン着たらゴミ箱へと思って購入することが多い素材です。でも捨てる前にひと活用。テレビやパソコンなど電化製品のホコリを取るのに、すごく便利です。ホコリが舞うこともなく、家電に傷を付けることもないのがいいですね。時間があるときに、適当な大きさに切って袋などに入れておくと、気になったときにパパっと拭いて、そのまま捨てられます。またクイックルワイパーに付けて、フローリングの掃除に使うことも。

私の場合は、使ったら洗わずに捨ててしまいますが、ネットで調べてみると着古したフリースを使って使い勝手のいい形に縫い、何度もお使いの方もいらっしゃいました。自分の生活スタイルに合わせて活用すると良さそうです。

ストッキングは針金ハンガーとセットで

捨てないで!簡単お掃除グッズ4選〜歯ブラシ、フリース、ストッキング、芯

私自身は、履くことが少なくなったストッキングですが、けっこうなお値段がするのに、1回履いただけでも伝染してしまうことがあり、もったいないなと思うもののひとつです。でも、伝染したストッキングを掃除に活用すれば、少しは気が晴れるかも。いらなくなった針金ハンガーを掃除したい場所に合わせてググっと曲げてストキングをかぶせてあげると、ホコリを取るのに便利です。手が届かない場所、掃除機で掃除できない場所の掃除にピッタリです。冷蔵庫の下を掃除したときは、びっくりするほどたくさんホコリが取れました。

また蛇口の汚れ落としにも便利。蛇口にクエン酸をふりかけて、ストッキングで磨くと簡単に汚れが落ちます。30センチほどに切って両端を右手と左手に持ち、左右に動かすと、隙間もきれいになりますよ。

トイレットペーパーの芯で玄関掃除

捨てないで!簡単お掃除グッズ4選〜歯ブラシ、フリース、ストッキング、芯

玄関やベランダ、バルコニーの掃除は、後回しになりがちなのが、ちょっとネックでした。掃除機を使えれば、ついでに掃除できるのに……。でも部屋用の掃除機を使うのはさすがに抵抗があります。そこで砂が掃除機に付かないように、掃除機の吸い込み口にトイレットペーパーなどの芯をさしてみました。芯の先端は掃除機をまねて斜めに切って軽くつぶしておきます。毎回この方法を試すには、芯が足りないのですが、あるときはなんだか楽しいので、いつもこの方法です。

掃除をいかに効率的にやるかというのは、私のテーマではありますが、それ以上に苦手な掃除が少しでも楽しくなればいいなと思っています。これは良さそうというものがありましたら、お試しください。

<ライタープロフィール>
フリーライター
奥地美涼
所属:comorieサポーター

自宅で仕事を始めて11年半。最初は夫婦のみだった家族が、今は娘が3人生まれ5人になりました。毎日バタバタですが、「まぁ、楽しければいいか!」が最後の判断基準に。ゆるゆる生きています♪