本文へジャンプします。


現在位置:> > > インフル対策にも!?「マイタケ」が主役のおいしいレシピ8選

フード・レシピ

 

インフル対策にも!?「マイタケ」が主役のおいしいレシピ8選

ローカロリーな健康食材として、たっぷり摂りたいきのこ類。巷の研究によると、マイタケに含まれる成分がインフルエンザウイルスの増殖を抑制するとのデータも出ているとか。ともすれば脇役に回りがちなきのこ類ですが、量もしっかり食べられるマイタケの簡単レシピを厳選しました。おいしく食べて、冬を元気に過ごしましょう♪

マイタケはオールマイティプレーヤー:手軽な小鉢もの4種

インフル対策にも!?「マイタケ」が主役のおいしいレシピ8選

歯ごたえがよく、風味のあるマイタケは、そのアレンジ幅の広さも大きな魅力。和・洋・中ほかどんな味付けにも合い、煮ても焼いてもおいしく食べられます。火の通りが速く、加熱することでカサも減るので、どんどん活用しましょう!

■マイタケポン酢(左上)
食べやすい大きさに手でちぎったマイタケを、好みの野菜類とともにレンジでチン。ポン酢であえてゴマをふれば5分で1品できあがります。ゴマを削り節に替えても美味。

■オリーブオイルソテー(右上)
マイタケと野菜をオリーブオイルで炒め、塩少々と醤油で調味したら仕上げにゴマをパラリ。炒めるのに向いた野菜となら、いろいろ応用がききます。

■マイタケチーズ(左下)
マイタケと小口切りにしたネギを少量のバターで炒め、醤油をひとたらし。スライスチーズを投入してからめます。飯の友にも、お酒の肴にもGOOD♪

■マイタケの煮びたし(右下)
マイタケと小松菜をさっとゆで、塩と醤油で味を整えただし汁とあわせていただきます。アクが少ないコンビなので、ゆで汁にそのまま味付けしてもOKです。

ヘルシー食材どうしの組み合わせ:マイタケの炒り豆腐

インフル対策にも!?「マイタケ」が主役のおいしいレシピ8選

カラフルな見た目とやさしい味わいの炒り豆腐。マイタケをたっぷり入れることで歯ごたえのアクセントになり、ヘルシーでボリュームのある副菜ができます。

手順:
(1)にんじん、いんげんはさいの目切りに、マイタケはそれにあわせた大きさにちぎる。木綿豆腐半丁ほどを水切りしておく
(2)フライパンに油をひき、野菜とマイタケを炒める。油がなじんだら豆腐も加え、崩しながら水気が飛ぶようにさらに炒める
(3)粉末だしと塩少々で風味を付け、溶き玉子を加えて全体を炒りつける(調味は白だし少々に置き換えても可)

滋養あふれるダシを楽しむ:マイタケのたまごとじ

インフル対策にも!?「マイタケ」が主役のおいしいレシピ8選

きのこから出るだしのおいしさには定評がありますね。マイタケもまたしかり。その旨味を、玉子とじで十分に堪能しましょう。春菊を合わせると彩りになるとともに、味わいや香りが一段と深みを増します。

手順:
(1)小鍋にマイタケとかぶる程度のだし汁を入れて火にかける。春菊は別鍋でさっとゆでて冷水にとり、手で軽く絞っておく
(2)マイタケに火が通ったら塩・醤油で味を整える。十分煮立った状態で溶き玉子を加えたらすぐに火を弱めてフタをし、玉子とじにする
(3)たっぷりの汁とともに玉子とじを器に盛りつけ、春菊を添える

乳製品との相性ばっちり:マイタケのホワイトソース

インフル対策にも!?「マイタケ」が主役のおいしいレシピ8選

次は趣を変えて、主役級の洋風レシピをご紹介しましょう。
きのこはマイタケだけでも十分ですし、お好みで数種類ミックスしてもおいしいです。ホワイトソースだけでも食べたいほど、むしろソースがメインの1品なので、かける相手は選びません。今回は鶏ムネ肉のグリルにしましたが、鮭や白身魚のソテー、揚げ物などとも好相性です。

手順:
(1)マイタケやきのこ類を食べやすい大きさにそろえ、少量のバターで炒める
(2)ひたひたになるくらいの牛乳を加えて塩で味をととのえ、沸騰したら小麦粉適量を振り入れて均一に混ぜ、とろみを付ける(ホワイトソース缶で代用してもOK)
(3)鶏ムネ肉をオリーブオイルで焼き、ハーブ塩で軽く味付けしてプレートに盛る。マイタケソースをたっぷりかけて供する

主食メニューにも:マイタケの洋風炊き込みごはん

インフル対策にも!?「マイタケ」が主役のおいしいレシピ8選

ごはんものにもマイタケを積極的に活用していきましょう♪さまざまな食感が混ざり合うのが楽しめるので、ワンプレートランチなどにも重宝しますよ。

手順:
(1)白米2合、雑穀(もち麦)0.5合を洗って炊飯器にセット。定量の水加減にします
(2)にんじんは細切り、マイタケは食べやすい大きさにちぎって炊飯器に加えます。ノンオイルタイプのツナ缶を汁ごと加えます
(3)固形スープのキューブを1個、塩1/2さじを加え、炊飯。炊き込みコースやおこげ設定はお好みでどうぞ。仕上げに粉末パセリを散らします

味わいにクセがなく、アレンジ幅の広いマイタケ。バリエーションを工夫して、毎日の食生活にしっかり取り入れていきたいですね!

<ライタープロフィール>
Web系ライター兼編集者(アート&カルチャー)
森谷かおり
所属:comorieサポーター

編集・校正業の傍ら、文章も書いてます。波打ち際を歩いては、きれいな貝殻や石を丹念に拾い集めるビーチコーマーのように…日々の暮らしを豊かにする「モノ」や「コト」を発見して、みなさんの元へお届けします☆