本文へジャンプします。


現在位置:> > > 効率よく食器をしまうための収納ノウハウ

整理・収納

 

効率よく食器をしまうための収納ノウハウ

キッチンの収納でけっこう困ってしまうのが、食器の収納ではないでしょうか。あまり壊れて捨てるということがない食器ですが、もらいものだったり、かわいいものや使いやすそうなものを見つけて買ってしまったり、気がつくとけっこう増えていますね。そんな食器を使いやすくきれいにしまうための工夫をしてみましょう。

まずは食器を分けてみましょう−基本は使う頻度からはじめる

まず、食器を分けることから始めましょう。まず、普段使いの食器と来客用に食器に分けることから始めます。つまり、使う頻度で分けていくのです。

普段使わない来客用の食器を片づける

効率よく食器をしまうための収納ノウハウ

普段あまり使うことのないものは、食器棚の上段やキッチンの棚など、あまり使う頻度の少ない棚にまとめて入れておきましょう。
ただし、来客時にすぐに取り出せて使いやすくするように、キッチンの棚に入れるときには、種類別に箱に入れておき、種類と数量を書いておくと出しやすくなります。

日常使う食器の収納方法

効率よく食器をしまうための収納ノウハウ

日常使う食器は、さらに種類別に分けます。
丸いお皿、四角いお皿など、形をそろえると、収納がしやすくなり、デッドスペースがなくなります。
椀、皿などと食器の種類で分けると、料理を盛り付けるときにチョイスしやすくなります。
また、使い道で和食用、洋食用などに分けるという方法もあります。
また、色別で分けるという方法もあります。こうすると、テーブルに出すときに、コーディネートしやすくなります。
例えば、日本で昔から使われている漆器の入れ子の什器、小皿から鉢までがひとまとまりにスタッキングできるようになっており、これ一つですべての食事ができたという日本人の知恵ですね。

効率のいい収納方法−デッドスペースをつくらないこと

効率よく食器をしまうための収納ノウハウ

使用頻度の高いものは、手の届きやすい棚の下のほうに収納します。
このときに気を付けなければいけないのは、意外にしてしまいがちな棚板の高さに合わせて入れるものを決めてしまうということです。こうするとどうしてもデッドスペースができてしまいます。棚板に合わせて収納をするのではなく、収納するものに合わせて棚板を調節しましょう。

さらに、それでもデッドスペースができてしまう場合には、コの字ラックなどを使ってうまく調節しましょう。
また、お茶椀などの円錐状の形をしたものを並べるときには、上下を互い違いにするとうまく収まります。
食器棚は収納力を求めて高さのあるものを持っている人が多いと思います。上の奥はほとんど目の届かない場所ですので、プラケースなどにまとめて入れるといいでしょう。
また、食器棚だけではなく、シンクの下も利用すれば取り出しやすく、便利です。


大きさや形がばらばらでごちゃごちゃしがちな食器類、上手に収納して使いやすくしましょう。また、食器を購入するときに、スタッキングできるものをなるべく選ぶようにすると、収納のときの悩みが軽減されます。新しく食器を買うときから、収納は始まっているのかもしれませんね。

<ライタープロフィール>
comorie編集部
野田アヤカ
所属:comorie編集部

comorieの編集部員です。3児の母。首都圏郊外に住宅を購入。元気な子供たちに振り回されながら、日々の生活に奔走中。時短、片付、効率、収納、節約、教育、ガーデニングに興味あり。