本文へジャンプします。


現在位置:> > > 【千円以下】「防寒あったかインナー」を比較してみた

インテリア・雑貨

 

【千円以下】「防寒あったかインナー」を比較してみた

寒い季節に重宝する、あったか下着。「防寒インナー」「機能性インナー」とも呼ばれ、各社からさまざまな商品が出ています。機能も素材も価格も千差万別ですが、今回は、長袖Tシャツタイプ1,000円以下で購入できるプチプラアイテムに着目してみました。素材や特徴を比較しながら紹介します。

「あったか肌着」人気の元祖!? ユニクロ「ヒートテック」

【千円以下】「防寒あったかインナー」を比較してみた

出典:ユニクロ

発売は2003年、今年15年目を迎えるヒートテック。機能性インナー人気の火つけ役で、今やあったか下着の代名詞ともいえる存在です。

体から発散される水蒸気を吸湿性の高いレーヨン素材が吸着し、熱に変換することで生地そのものが発熱。暖まった空気は極細の繊維が作る高断熱の層が逃さないため、暖かさが保たれるという仕組みです。モロッコ原産の稀少な美容オイル「アルガンオイル」が配合された、しっとりなめらかな肌ざわりも特徴です。

【素材】ポリエステル38%、アクリル32%、レーヨン21%、ポリウレタン9%
【価格】990円〜(税抜)
【公式サイト】http://www.uniqlo.com/

肌あたりのやさしさが人気 ベルメゾン「ホットコット」

【千円以下】「防寒あったかインナー」を比較してみた

出典:ベルメゾン

通信販売会社「ベルメゾン」の製品で、2011年の発売以来、シリーズ累計で657万枚が売れたというあったか下着。綿が主体の素材という点が、他社製品とは一線を画しています。

以前はアクリルレーヨンと綿45%の混紡だったのが、昨年2016年からは綿そのものに吸湿発熱機能を持たせた新素材の開発により、綿95%までにアップされました。オーガニックコットンを使うなど、肌へのやさしさをと機能性を両立しています。天然素材なので、身につけたときに冷たさを感じないのも、寒い季節にはちょっとうれしいポイントです。

【素材】綿95%、ポリウレタン5%(ストレッチ天竺)
【価格】990円〜(税抜)
【公式サイト】http://www.bellemaison.jp/

お手頃価格が魅力 ジーユー「GU WARM」

【千円以下】「防寒あったかインナー」を比較してみた

出典:ジーユー

今回取り上げる中で、定価が最安値なのがGUの「GU WARM」。なんと790円からのラインアップです。

2015年にそれまでの「あったかスタイル」からパワーアップして登場したシリーズで、素材はポリエステルとレーヨンが中心。吸湿発熱素材であるほか、ヒートテックと同様に形状保持や抗菌防臭、部屋干し対応、静電気防止、保湿といった機能も付加されています。

【素材】ポリエステル55%・レーヨン39%・ポリウレタン6%
【価格】790円〜(税抜)
【公式サイト】http://www.gu-japan.com/

大手スーパーも負けてない! イオン「ピースフィット」、イトーヨーカドー「ボディヒーター」

【千円以下】「防寒あったかインナー」を比較してみた

出典:イオン

<本文>
大手スーパーのプライベートブランド(PB)からも、機能性インナーがあれこれ出ています。

イオンの「トップバリュ」からは、「ピースフィット」が販売されています。太さの異なる繊維で空気をたっぷり含む糸「サーモエア」と、化粧品の保湿成分としても使われるアミノ酸により、触れた瞬間からあたたかく、しっとりなめらかな着心地を実現しているのだそう。素材はアクリルが主体です。

■イオン ピースフィット
【素材】アクリル47%、レーヨン46%、ポリウレタン7%
【価格】980円〜(税抜)
【公式サイト】https://www.topvalu.net/peace_fit/

【千円以下】「防寒あったかインナー」を比較してみた

出典:イトーヨーカドー

<本文>
イトーヨーカドーは、セブンプレミアムの「ボディーヒーター」。「うすくて暖かい」がテーマで、レーヨンが主体のしっとりとした着心地ながら、汗を素早く通す蒸れにくさや着ぶくれしない薄さがウリとなっています。

■イトーヨーカドー ボディヒーター
【素材】レーヨン65%、ポリエスエル28%、ポリウレタン7%
【価格】990円〜(税抜)
【公式サイト】http://www.itoyokado.co.jp/special/fashion/bodyheater/

筆者はユニクロ「ヒートテック」とベルメゾン「ホットコット」を愛用中。ヒートテックは薄手で体にフィットするので、外に着る服を選ばずスッキリ着られるのがポイントです。ただ、体調によって、たまに肌がかゆくなってしまうのが玉にキズ。

一方、ホットコットはヒートテックほどのフィット感はないものの、カットソーのような素材で外から見えても下着っぽさがあまりないので、重ね着に重宝しています。

どちらも数年前の製品ですが、今は各社さらに機能が進化している様子。この冬は久しぶりに買い換えてみようかな……と計画中です。

<ライタープロフィール>
ライター、Webエディター、サイト制作管理など、Web周辺仕事請負人
多田エツコ
所属:comorieサポーター

家にいることが好きすぎて、仕事も自宅でするようになってしまった筋金入りのインドア派。青空が気持ちいい晴天の日、洗濯物や布団を思う存分干すときに無上の幸せを感じます。