本文へジャンプします。


現在位置:> > > 【実体験】入り切らないゴミをアメリカ製ゴミ箱で解決!

整理・収納

 

【実体験】入り切らないゴミをアメリカ製ゴミ箱で解決!

なかなかスッキリしないキッチンのゴミ箱周り。回収日が近くなると、入り切らないゴミが発生して、小分けの袋が積まれていくことも……。そこで、一気にゴミ箱環境を一新!便利アイテムもあれこれ試してみました。少しでもストレスを減らすための、お役立ちアイテムを一挙ご紹介です。

ピカピカ輝く堅牢な「シンプルヒューマン」。容量・密閉度も抜群です!

【実体験】入り切らないゴミをアメリカ製ゴミ箱で解決!

我が家では長らく、20Lのゴミ箱をキッチン用として使っていました。夫婦2人暮らしのときはなんとかなっていたのですが、子供が生まれてからは、ゴミも一気に増えて容量不足に。「買い直さなくては」と思っていながらも、安いものではないし、搬入するのも、古いものを処分するのも面倒なもの。買い換えるとすれば、もう一生買い直さなくてもいいと思えるゴミ箱を買おうと決めました。

・大容量であること
・密閉度の高いもの
・汚れにくいもの
・手を使わずに蓋の開け閉めができる

これらを条件に、選んだのが「シンプルヒューマン」の「スリムタッチバーカン 40L」です。シンプルヒューマンは、製品ラインナップのほとんどがステンレス製で、生活感を抑えたシンプルなデザインが特徴です。サイズも豊富で、1.5〜48Lタイプまで展開しています。

開閉方式は、「ペダル式」「センサーによる自動開閉タイプ」「タッチ開閉タイプ」などがあり、私が最終的に選んだのは「タッチ開閉タイプ」です。蓋の開閉に手を使いたくないという条件を満たしていませんが、ペダル式は掃除が面倒そうなことと、自動開閉は密閉度が落ちるように思ったので選びませんでした。考えてみると、手を使いたくない場面というのは主に調理中です。ならば調理中だけ、開けっ放しにしておけば良い話だったので、結果的には今のタイプで満足しています。

ゴミあふれ問題だけならば、単に40Lのものに変えればこと足りたことではありますが、思い切ってシンプルヒューマンにして良かったと思います。結果的に悪臭に悩まされることもなくなりましたし、お気に入りのゴミ箱を買ったという満足感で気分も上々です。

simplehuman レクタンギュラータッチバー ダストボックス 40L シルバーステンレス

1.5Lのペットボトルも一発ぺたんこ!ぺんてるのマルチプレスが大活躍

【実体験】入り切らないゴミをアメリカ製ゴミ箱で解決!

我が家では、水道水を飲まず、お茶などはすべてペットボトル飲料にしているため、1.5Lのボトルがどんどん溜まってしまいます。加えて、晩酌も大好きなので、ワインボトルや日本酒の瓶も場所を取るという具合。いやはやです。

そこで買い替えたのが「スタックストー ペリカンワイド 30.4L」です。ペットボトル系ゴミに関しては40Lまでは必要ないかと思ったのですが、さあ大変!入り切らないこともあるではありませんか。

買ったばかりのゴミ箱を買い直す気にもなれず、「それならば」と購入したのがこちら、ぺんてるの「マルチプレス」です。テコの原理を使った足踏みプレスで、缶(1L以下)・ペットボトル(500ml〜2L以下)に対応しています。サイズは、横:17.5cm×縦:38.4cm×高さ:8cmとなかなかの大型、重さも3kgとずっしりです。

正直、台所に置くにはいかついボディ。しかし、このいかつさが良いのです。足でひと踏みすれば一撃でぺたんこに。この手のアイテムは「思ったように潰れない」というレビューを見ることが多かったのですが、これは確実に潰れます!

問題は、定価:5,600円(税抜き)と少々お値段が高いこと。「缶・ペットボトルをつぶす」、それだけの用途にこの金額をかけることをどう考えるか……。私自身、悩みましたが、買って良かったと思っています。ちょっとやそっとじゃ壊れなさそうな丈夫な作りは、まさに一生モノ。便利さを考えると、高すぎることもないように思います。

ぺんてる 空き缶ペットボトルつぶし マルチプレス KPM1

コストコ・プライベートブランドの紐付きポリ袋「DRAWSTRING KITCHINBAG」が便利!

【実体験】入り切らないゴミをアメリカ製ゴミ箱で解決!

さて、ゴミ箱と同時に変えてみたのがこちらのポリ袋。コストコ・プライベートブランド「カークランドシグネチャー」から出ている、紐付きポリ袋「DRAWSTRING KITCHINBAGS」です。200枚入りなので、週に3枚使ったとしても1年以上は軽く持ちます。

このゴミ袋の良いところは、なんといっても「紐付き」であることです。一般的なポリ袋の場合、「マチを縛って、それから手提げ部分を…」とやりますが、こちらは紐を引っ張り出して、巾着袋のように絞るだけ!ぜひ体験してもらいたいのですが、本当に楽ですよ!

私は、このポリ袋と指定ゴミ袋を二重にして使っています。そうすることで、ひとまとめにしたあと、ゴミに触ることなくゴミを圧縮することができるからです。「もうちょっと潰せば、これも入るかもしれない……」というときに、以前はゴソゴソ素手で押し込むこともあったのですが、今は手を汚さずに潰すことができます。

また、ビニール製なので、ゴミをまとめるときにカサカサと騒がしい音がしないのがいいですね。子供が寝静まった後や、早朝でも音があまりしないので作業しやすくなりました。

商品名に偽りなし!もはや手放せない、驚異の防臭袋「BOS(ボス)」

【実体験】入り切らないゴミをアメリカ製ゴミ箱で解決!

とにかく匂いが漏れないと話題の防臭袋「BOS(ボス)」。子供のおむつ処理用に購入したのがきっかけですが、驚くほどに匂いを閉じ込めてくれるので、生ゴミ入れとしても使うようになりました。三角コーナーを使わずに、野菜くずや排水口の生ゴミを、BOSに入れてその都度捨てるようにしています。以来、夏場も悪臭知らずになりました。

ちなみに私が愛用しているのは、新色として登場したホワイトの「おむつが臭わない袋 ベビー用(Sサイズ)200枚入り」です。ホワイトだと、台所やテーブルに出しておいても悪目立ちしません。BOSといえば、以前はピンクがメインだったのですが、現在は「ピンク・白色・ラベンダー・水色・クリームイエロー・ミントグリーン・黒色・透明グリーン」と8色展開になっています。用途や好みに応じた色選びができるようになりました。
驚異の防臭袋 BOS(ボス)Sサイズ大容量200枚入り 赤ちゃん用 おむつ 処理袋 (袋カラー:ピンク)

我が家のゴミ箱環境、まとめるとこうです!

【実体験】入り切らないゴミをアメリカ製ゴミ箱で解決!

最後にこれまで紹介したアイテムをまとめてみました。これが今年、一大改革をした我が家のゴミ箱環境です。片付けが苦手で面倒なことが大嫌いな私が、極力ストレスを感じないよう改造にチャレンジしました。何か少しでも参考になる情報があれば幸いです!

<ライタープロフィール>
暮らしのライター/デザイナー
錫森むぎ
所属:comorieサポーター

出産を機に“暮らすこと”を見つめ直す。素朴に、丁寧に暮らすための仕組み作りを追求中!