本文へジャンプします。


現在位置:> > > 洗濯で黒タイツにつく白毛玉を防ぐコツは○○だった!

掃除・洗濯

 

洗濯で黒タイツにつく白毛玉を防ぐコツは○○だった!

寒さが厳しくなる季節。重ね着をしたり厚手の服を着たりすると、洗濯物の量も増えてきますね。そうなると気になるのが、洗濯したときに衣類に付きやすい糸くずやほこりです。洗った洗濯物をパンパンはたくと落ちてきたり、タイツなどにくっついてしまったり。はて、どうしたものだろうと思い、解決法をあれこれ試してみました。

洗濯機の糸くずフィルターをチェック

洗濯で黒タイツにつく白毛玉を防ぐコツは○○だった!

まず基本的なところからですが、洗濯機の糸くずフィルターを確認しました。夏と冬では洗濯物の質と量が違うので、夏よりも早めのペースでフィルター掃除をしないと、繊維のゴミがフィルター内に収まりきらずに衣類に付着する可能性が出てきます。洗濯が終わるたびにフィルター掃除をすれば問題ないんですけどね……。

我が家の洗濯機は2カ所にフィルターがついていますが、細かく確認してみると1度の洗濯でどちらも10円玉程度の大きさの繊維ゴミがたまっているので、やはりこまめなお手入れが糸くず予防になりそうです。

水位やすすぎ方の設定見直しを

洗濯で黒タイツにつく白毛玉を防ぐコツは○○だった!

これはネットで調べてなるほどなと思ったのですが、節水のつもりで水位を低めに設定していたために洗濯物の動きが悪くなっていたり、十分にすすげていなかったりして、糸くずがフィルターまでたどり着けていない場合もあるそうです。

かくいう我が家も水位こそ自動にしていますが、すすぎの設定は「1回」。今後は入れる洗濯物の量によって、すすぎ設定の調整をすべきですね。

洗濯槽に「洗濯ボール」を入れて一緒に洗う

洗濯で黒タイツにつく白毛玉を防ぐコツは○○だった!

先日、100円ショップで「ホコリとり 洗濯ボール」なるものを発見!洗濯物と一緒に洗濯槽に入れるだけで糸くずやほこりを絡めとるそうなので、早速購入して試してみました。

使用感としては、劇的な成果は感じられないけれど、よく見ると細かい髪の毛や糸くずを絡めとっているときがあるので、ないよりはあったほうがいいかな、という感じ。あくまでも「我が家の洗濯機で」という条件下ですが。「これさえあれば!」という魔法のアイテムではありませんが、困っている方は一度試してみると良いかもしれません。

100円ショップ以外にも、ホームセンターやネットで売っていますので(もう少し値段はしますが)「洗濯ボール」「洗濯スポンジ」などで探してみてください。

ほこりを寄せ付けたくない大事な衣類や下着は洗濯ネットに

洗濯で黒タイツにつく白毛玉を防ぐコツは○○だった!

私は冬の必需品、厚手のタイツを洗濯ネットに入れて洗うことにしました。これも100円ショップのアイテムです。黒や茶色のタイツをよく履くのですが、タイツの生地は糸くずなどを吸着しやすく、色的にもほこりが目立つんですよね。しかも生地は濃い色なのにできる毛玉はなぜか白……。

そこで洗濯ネットの登場です。洗濯ネットは目が細かいものを選びました。加えてネットの中でタイツが泳いでしまわないくらいの小さめサイズが良いかなと思います。これなら洗濯するたびに徐々に毛玉が増えることも防げて、他の衣類に絡んで伸びてしまうことも避けられるので、安心して洗濯機に入れられます。実際に洗濯していますが、ほこりの付着はきちんと防げていますよ!

洗濯は毎日のことですし、時間に追われているとついおざなりにしてしまいがち。

でも「最近、糸くずが多いな」「何とかならないかな」と少しでも思うなら、普段のやり方をちょっと見直してみてはいかがでしょうか。些細なことでも解消されればストレス軽減ですし、結果、時短につながるかもしれません。

ご紹介した中でこれはと思うものがあったら、ぜひお試しくださいね!

<ライタープロフィール>
Webライター
四ツ倉恭子
所属:comorieサポーター

結婚を機に横浜から北海道に移住し、現在は網走市の農村エリアで自然と向き合う暮らしをしています。喜怒哀楽たっぷりの男児育児も満喫中。モットーは「こだわりすぎないスローライフを自然体で」。