本文へジャンプします。


現在位置:> > > マヌカハニーで風邪対策? 抗菌パワーを生かす使い方

ライフスタイル

 

マヌカハニーで風邪対策? 抗菌パワーを生かす使い方

天然の抗生物質とまでいわれているマヌカハニー。普通のはちみつとどこが違うのかご存じですか?マヌカハニーについて、味や効能、効果的な食べ方をレポートします。

そもそもマヌカハニーの「マヌカ」とは?

マヌカハニーで風邪対策? 抗菌パワーを生かす使い方

殺菌作用や抗ウイルス作用があると言われ、近年注目度の高いマヌカハニー。どのようなものなのでしょう。

マヌカハニーとは、マヌカの花のはちみつ、という意味です。レンゲはちみつ、とかアカシアはちみつ、などと同じ呼び方ですね。つまり「マヌカ」とは植物の名前で、日本語では「ギョリュウバイ(?柳梅、御柳梅)」と呼ばれます。ニュージーランド原産のフトモモ科の植物だそうです。

「マヌカ」とはニュージーランド原住民族のマオリ族の言葉で「復活の木」「癒やしの木」という意味。マオリ族は古来よりマヌカの葉や樹液を薬として用いていたそうです。

マヌカハニーで風邪対策? 抗菌パワーを生かす使い方

マヌカは英語名ではティーツリーと呼ばれていますが、アロマテラピーやハーブで扱われているティーツリーとは成分が異なり、別の種類になります。マヌカハニーとして蜜が採取されているのは、ニュージーランドのマヌカです。したがってマヌカハニーはほとんどがニュージーランド産です。

生産量の少ないはちみつなので、偽物も多く流通しているとのこと。産地や生産元を確かめて購入するようにしましょう。

マヌカハニーに期待される効能

マヌカハニーで風邪対策? 抗菌パワーを生かす使い方

マヌカハニーは、ピロリ菌の駆除に効果があるとして注目を集めました。ピロリ菌は人間の胃の中にある菌で、50歳以上の人は8割以上の人が持っていると言われます。胃潰瘍や胃炎、腸炎、胃がんなどの原因になる細菌ですが、マヌカハニーを摂取することで、ピロリ菌を殺菌し炎症を抑える働きをするそうです。また、大腸菌などの悪玉菌を抑え、善玉菌を増やすともいわれています。

マヌカハニーで風邪対策? 抗菌パワーを生かす使い方

マヌカハニーは抗菌効果を生かして、美肌や歯周病対策にも使えます。化粧せっけんやマッサージオイルなどの原料に加えられることもあります。

マヌカハニーって普通のはちみつとどう違う?味は?

マヌカハニーで風邪対策? 抗菌パワーを生かす使い方

マヌカハニーが気になって仕方ない筆者。味見がしたくて、ひとつ買ってみました。

今回選んだのは、ニュージーランドのはちみつ最大手「アラタキ社」のマヌカハニー。
アラタキ社はミツバチに抗生物質を一切あたえず、管理の行き届いたミツバチから100%天然のはちみつを生産しています。250g入りの容器でだいたい2500円でした。はちみつとしてはちょっと高価ですね。

アラタキ マヌカハニー 250g

マヌカハニーで風邪対策? 抗菌パワーを生かす使い方

バケツ型の容器を開けてみると、中身は溶けたキャラメルのような感じです。黄金色というよりは、もっと濃い色で、麦芽糖の水あめのようにも見えます。

ひとさじなめてみると、味も麦芽糖のような、生キャラメルのような、香ばしい香りがします。味は普通のはちみつよりも、優しくて濃いという感じ。甘さをダイレクトに感じる、というよりは、まろやかで深みのある甘みでした。

マヌカハニーで風邪対策? 抗菌パワーを生かす使い方

少し暖かいところに置いておくと、トロッとした液状になりますが、やはり色の濃い、しっかりした感じのはちみつですね。

マヌカハニーの効果的な食べ方・使い方

マヌカハニーで風邪対策? 抗菌パワーを生かす使い方

抗菌効果の高いマヌカハニー、寒くなる季節、風邪やインフルエンザ、胃腸炎の予防に使いたいですが、どのように摂取すれば良いでしょうか?

まず、基本的なことから。先ほどの画像で、筆者はマヌカハニーを金属のスプーンですくっていましたが、これ、実はNGのようです。調べてみると、マヌカハニーは金属のスプーンを入れると、MGO(メチルグリオキサール)という殺菌に有効な成分が弱まってしまうそうです。取り扱う際には木や竹、陶器などのスプーンですくうようにしてください。

マヌカハニーを有効に摂取するには、空腹時がおすすめ。スプーン1杯(5〜15ml)を1日3〜4回食べてください。虫歯や歯周病、口内炎の治療や予防には、就寝時に歯茎にぬると良いそうです。甘いはちみつを就寝前に口にして寝ると虫歯になりそうな感じがしますが、虫歯菌の減少に役立つそうです。

マヌカハニーで風邪対策? 抗菌パワーを生かす使い方

肌荒れやニキビ、吹き出物には、直接塗っても効果があります。切り傷ややけどに使うと、炎症を抑えて治りが早いそうですよ。

マヌカハニーを選ぶ際に、UMFという数値が表示されていることがありますが、これは殺菌効果の高さを数値化したものだそうで、数値が高いほど殺菌力・抗菌力が高い、という目安になります。より効果的にマヌカハニーを使いたい場合は、UMF数値が高いものを選ぶと良いでしょう。

次第に風邪やインフルエンザが流行ってくる季節、マヌカハニーで予防対策、してみませんか?

<ライタープロフィール>
暮らしを楽しむフリーランスライター/エディター
鈴木真弓
所属:comorieサポーター

仕事時間と家庭時間のバランスをとりながら、自宅を拠点に執筆活動しています。