本文へジャンプします。


現在位置:> > > シャワーの高さ自由自在!マグネットシャワーホルダーの魅力

掃除・洗濯

 

シャワーの高さ自由自在!マグネットシャワーホルダーの魅力

浴室(ユニットバス)なら磁石が使えるってご存じですか?実は私は最近まで気付いていなかったのですが、試してみたら本当にどこでもくっつくのですね!そうと分かればと早速浴室の悩みをマグネット製品で改善♪家族の身長差もあり使いづらい位置にあったシャワーホルダーを移動可能にして、快適なお風呂タイムになりました。

買ったのはコレ!

シャワーの高さ自由自在!マグネットシャワーホルダーの魅力

私が購入したのは、東和産業「磁着」シリーズのマグネットシャワーホルダーです。これは、水気や湿気が多い浴室で使うことを考慮し、マグネットの部分がさびやすい金属ではなくラバー(ゴム)製になっているのが特徴です。

裏がマグネットになっている製品はキッチン用品でもありますが、金属がさびたり、さびの跡がついたりするのが悩みの種、という方は意外と多いのでは?その点がクリアされているのは、掃除という観点から見てもうれしいです。

東和産業 シャワーホルダー 磁着 マグネット シャワーホルダー

シャワーの高さ自由自在!マグネットシャワーホルダーの魅力

そして背面がラバーマグネットなので、どこにでも移動可能で傷がつかないにもかかわらず、思った以上に磁力があるので少し力を入れたくらいではずれ落ちません。せっかく取り付けても、シャワーヘッドが重くて壁面を滑り落ちるようだとガッカリですが、これはそんな心配は不要でした。

ただ、ずれ落ちない分、移動させる際はがすのに少しだけコツが要りますが、コツを掴めば子供でも簡単に移動可能です。

こういう時に便利!

シャワーの高さ自由自在!マグネットシャワーホルダーの魅力

これまで浴室には、バスチェアに座って使うことを想定したと思われる位置にひとつと、成人男性が立って使うことを想定しているらしい高い位置にひとつ。計2カ所にシャワーホルダーがもともと設置されていました。ですが、下のシャワーホルダーは微妙に中途半端で、バスチェアに座ったままだと大人でも腰を浮かさないと手が届かないくらいだし、子どもが立って使うには低い、という状態。設置場所も洗い場とバスタブの間なので、シャワーで流した泡が湯船の中に入ってしまうという悩みがありました。

ですので、これを買ってまずつけた場所はバスタブから離れた洗い場の壁面です。これなら身体が盾のようになりシャワーで流した泡が湯船に入ることを防げます。高さもバスチェアに腰かけたときにちょうど良い位置にしたり、子どもが立ってシャワーを浴びるのにぴったりの高さに変えたりと、自由自在です。

また、両手を使って洗いものや掃除をしたいときには低い位置に固定するなど、入浴以外も便利に活用しています。

家族の反応

シャワーの高さ自由自在!マグネットシャワーホルダーの魅力

育ち盛りの中学生長男に、まだまだ小柄な小学生次男と子供たちの身長もバラバラで、夫は高い位置が好みだし私は腰かけて使いたいし、家族全員が微妙に使いづらく感じていたシャワーホルダー。カスタマイズ可能なホルダーが1つ増えただけで、ずいぶん快適になったと思います。

そして想定外でしたが、子供からは「天井に貼り付けて真上からシャワー浴びたよ!」と面白おかしく報告してくれました。この使い方が良いかはさておき(笑)、本当にいろいろな活用法があるものです。


お風呂のシャワーひとつとっても、老若男女さまざまな使い方があり、それぞれにフィットする位置は異なります。それを移動可能なシャワーホルダーで改善できるのは、ありがたいですよね。もし日々使うシャワーの位置に少しでも不満があるなら、試してみる価値はあると思いますよ。

<ライタープロフィール>
Webライター
四ツ倉恭子
所属:comorieサポーター

結婚を機に横浜から北海道に移住し、現在は網走市の農村エリアで自然と向き合う暮らしをしています。喜怒哀楽たっぷりの男児育児も満喫中。モットーは「こだわりすぎないスローライフを自然体で」。