本文へジャンプします。


現在位置:> > > エアコンクリーニングが「10月」に最適な理由

掃除・洗濯

 

エアコンクリーニングが「10月」に最適な理由

エアコンを掃除するスプレーはいろいろあり、サービス業者も多いですが、実際にエアコンをクリーニングするとして、最適な季節はいつなのでしょうか?シーズン前?それとも後?その答えと理由に迫ります。

最適な時期は9月〜10月、または4月〜5月

エアコンクリーニングが「10月」に最適な理由

エアコンのクリーニングに適しているのは、ずばりシーズン後。

中でも夏が終わった9月〜10月はエアコンのクリーニングとして一番いい季節です。

理由は下記のとおり。

・汚れを落としてから使う頻度が下がる期間を迎えるので、エアコンの中でカビが繁殖しない

・エアコンクリーニングの業者が比較的すいている

・過ごしやすい季節なので、クリーニングのためにエアコンを止めてもつらくない

とくに9月〜10月は空気が乾燥するため、クリーニング後のエアコンの中が乾きやすいこともあり、クリーニングをするのにオススメの季節になります。

なぜ9月〜10月がエアコンクリーニングに適しているのか

エアコンクリーニングが「10月」に最適な理由

先ほど、シーズンの終わりがエアコンクリーニングに適している理由として3つの項目を挙げましたが、その内容をもう少し詳しく解説していきましょう。

理由として一番大きなものはエアコンのカビ。

エアコンの汚れや臭いの原因は、エアコンの中に溜まったホコリやカビです。

ホコリはエアコンを使っていない間は特に増えたり減ったりしないのですが、カビは違います。

カビがついたまま放置されることで、エアコンの中でカビが増え、シーズンの始めにエアコンをつけると奇妙な臭いを発生させるのです。

ですから、シーズンの終わりにエアコンをクリーニングしてカビを一掃することで、エアコンを使わない期間にカビが増殖することを防げるのです。

エアコンが汚くなると起こる問題

エアコンクリーニングが「10月」に最適な理由

大切だといわれるエアコンのクリーニングですが、もしそのまま放置をするとどのようなことが起こるのでしょうか?

もっとも実感しやすいのはカビなどによるエアコンの臭いです。

エアコンから吹き出してくる風がこもったような臭いになっていたら要注意。

シーズン中でも、できるだけ早めに業者などに頼んでクリーニングをするようにしましょう。

また臭いのように直接的には感じられないものの、アレルギーなどへの影響も心配です。

カビやホコリはハウスダストとしてアレルギーの原因となり、目や鼻などの炎症を引き起こす可能性があります。

またエアコンの中のカビの胞子がエアコンの風に乗って部屋中に飛び散っていきますので、家具の裏など思わぬ場所でカビが発生する原因の一つにもなってしまうのです。

日常でできるエアコンのケア

エアコンクリーニングが「10月」に最適な理由

業者などに頼んでエアコンのクリーニングをすることも大切ですが、日々の生活の中でできるケアも大切です。

最もわかりやすいのはエアフィルターの掃除。多くの場合、エアコンの前のパネルを開けるとまるで網戸のようなフィルターがついていて、それを取りはずして掃除することができます。

取扱説明書を読みながらフィルターを取り外し、手順にしたがって水洗いなどをするようにしましょう。

お掃除機能付きのエアコンの場合エアフィルターの掃除は必要ありませんが、ダストボックスの清掃が必要になることもあります。

こちらも取り扱い説明書を見ながらやってみるといいでしょう。

シーズンの終わりである9月〜10月、あるいは4月〜5月ころには業者などにお願いしてエアコンのクリーニングを実施するとともに、日常のお手入れも行って、エアコンからの風を気持ちのいいものにしましょう。

<ライタープロフィール>
フリーランスライター
石川玲子
所属:comorieサポーター

元々は理系の仕事をしていましたが、現在は2人の子供を育てながら在宅でライターをしています。リケジョでママでライター。日々の暮らしに役立つネタをお届けしたいと思います。どうぞよろしくお願いします。