本文へジャンプします。


現在位置:> > > 【運動会】やってしまった日焼けを効果的にケアする方法

ライフスタイル

 

【運動会】やってしまった日焼けを効果的にケアする方法

ちょっとした油断から思わぬ日焼け。気がつけば皮膚が真っ赤になってしまったり、真っ黒になってしまった経験はありませんか?暑さはゆるんでも紫外線が強いこの季節は、油断による日焼けトラブルが多い季節でもあるのです。日に焼けるとすぐに肌が炎症を起こしてしまう筆者が、日焼け後のケアをお伝えします。

皮膚が赤い、熱をもっている場合にはとにかく冷やす

【運動会】やってしまった日焼けを効果的にケアする方法

真っ赤になってヒリヒリとしているときや、日に焼けた部分の肌が熱い場合には、まずは冷やすことを考えましょう。

冷水で冷やしたタオルを優しくあてがったり、タオルに包んだ保冷剤を当てると簡単に冷やすことができます。

また普段使いの化粧水を少し取り分けて冷蔵庫などで冷やし、コットンなどに含ませてパッティングするのも、効果的にほてりをおさめる方法のひとつです。

ひどい日焼けは、やけどと同じですから、まずは優しく冷やすことを考えるようにしましょう。

日焼け後の皮膚に刺激は厳禁

【運動会】やってしまった日焼けを効果的にケアする方法

日焼けでヒリヒリしているような場合に気をつけたいのが皮膚への刺激です。

肩や首、腕を日焼けしてしまった場合には、ゆったりしたやわらかい服を選び、締め付けられたりこすれたりしないようにしましょう。顔を日焼けしてしまった場合には、落とすのが大変になるようなしっかりとしたメイクはしばらくガマンです。

また冷たく感じるから、痛いからといって、ジェルで熱を吸収するシートや、肩こりなどの痛みを軽くする塗り薬などは控えてください。日焼けした肌からは水分が失われて、ふだんに比べてデリケートになっています。ヒリヒリする感じをひどくしないためにも、できるだけ皮膚に刺激を与えないようにしましょう。

水ぶくれになる、痛みが強いなどの場合は皮膚科へ

【運動会】やってしまった日焼けを効果的にケアする方法

あまりに酷い日焼けの場合はできるだけ早めに皮膚科を受診しましょう。

皮膚科に行く目安としては、日に焼けた場所に水ぶくれができる、眠れないほどヒリヒリする、ひどいかゆみが出るなどの症状です。

皮膚科では、皮膚の炎症を鎮めるためのステロイドの塗り薬などをもらうことができます。

また私自身がそうなのですが、日に焼けるとすぐに水ぶくれができてしまう場合には日光湿疹、紫外線アレルギーなどの可能性もあります。そのような場合には、今後のUVケアに普通の人以上に気を使う必要が出てきますので、皮膚科医に診てもらったほうがいいでしょう。

美肌のカギは、症状が落ち着いてからのケアにあり

【運動会】やってしまった日焼けを効果的にケアする方法

美肌のためには、ヒリヒリした感じや赤みがおさまってきてからのケアも大切です。

日に焼けた皮膚からは水分が失われていますので、普段以上にていねいな保湿を心がけるようにしましょう。可能であれば肩や首、腕、足なども同じように保湿ができるといいのですが、腕や足に顔と同じ化粧水を使うのはやはりコストが心配ですよね。

そのような場合には、グリセリンと水、エタノールで簡単に自作できる化粧水、ベルツ水などを使うのもオススメです。日に焼けた肌をきちんと保湿することにより、その後のトラブルを防ぎ、より早く元の皮膚の色に戻ることができるでしょう。拭き取り系の化粧水を併用して、お肌のターンオーバーを促してあげるのもいいですね。

涼しさの増していく今の季節は、行楽や子供の運動会など、外で過ごす時間が増えてくる時期でもあります。事前のケアができることが一番ですが、もしも日に焼けてしまっても、ていねいにケアすることでキレイな肌を守りましょう。

<ライタープロフィール>
フリーランスライター
石川玲子
所属:comorieサポーター

元々は理系の仕事をしていましたが、現在は2人の子供を育てながら在宅でライターをしています。リケジョでママでライター。日々の暮らしに役立つネタをお届けしたいと思います。どうぞよろしくお願いします。