本文へジャンプします。


現在位置:> > > あまった「めんつゆ」を上手に活用!使いまわしレシピ5選

フード・レシピ

 

あまった「めんつゆ」を上手に活用!使いまわしレシピ5選

そうめんや蕎麦を食べたとき、希釈したけれど使わずにあまっためんつゆをそのまま捨ててしまうのはもったいないですよね。そんなときは、使いまわせるお助けレシピがいくつかあると便利!我が家でよく作るめんつゆ活用レシピを5つご紹介します。

野菜の揚げ浸し

あまった「めんつゆ」を上手に活用!使いまわしレシピ5選

本来なら、だし汁、しょうゆ、みりん、砂糖などで丁寧に作ったつけ汁に素揚げした野菜を浸して、味を染み込ませた料理なのですが、あまっためんつゆを使えばより簡単に作れます。

我が家では、なすやピーマン、パプリカ、かぼちゃ、いんげんなど、そのとき家にある食材を適当に見つくろい、揚げて浸しておくのが定番。

逆に、から揚げの付け合わせにと素揚げした野菜があまった場合にも、めんつゆでさっと揚げ浸しにしてしまうくらい頻繁に登場する料理です。

めんつゆに甘みが足りない時にはみりんを足したり、もう少し強い風味が欲しいときにはかつおぶしを加えたり。そのときどきでアレンジしていますので、皆さんもお好みの味に調整してみてくださいね。

漬け物

あまった「めんつゆ」を上手に活用!使いまわしレシピ5選

生野菜や茹で野菜をめんつゆに浸しておくだけでできあがるので、これまた簡単!冷凍用保存袋ならめんつゆが少量でもしっかり漬かります。野菜によって少し味が薄いなと思ったら、めんつゆの原液をちょっぴり追加します。

個人的には、めんつゆ漬けなら茹でアスパラガスが大好き!知り合いのおうちではじめていただいたときには「アスパラガスで漬け物?」とびっくりしましたが、相性の良さに2度びっくりでした。

他にもセロリや長いも、アボカドなどめんつゆと好相性の野菜はいろいろあります。ごま油やお酢、レモンなどを加えて味のバリエーションも楽しめますよ。

味付け卵

あまった「めんつゆ」を上手に活用!使いまわしレシピ5選

半熟卵をあまっためんつゆに一晩漬けたら味付け卵のできあがりです♪

めんつゆの原液で漬け込むレシピもありますが、長時間漬け込むと味が濃すぎてしょっぱく感じたことがあったので、私は希釈済みのめんつゆにほんの少し?油を足したり、顆粒の中華だしを少量加えたりして調整しています。

にんにくや生姜のスライス、八角などの香辛料を足して風味豊かに作ってもいいですね。

親子丼

あまった「めんつゆ」を上手に活用!使いまわしレシピ5選

我が家で子供たちに大人気のメニュー、親子丼。お酒とみりんを加えてほんのり甘みを増しためんつゆに、スライスした玉ねぎ、しめじ、鶏肉を入れて煮立たせ、溶き卵でふんわりとじるお手軽レシピですが、人気なのでよく作ります。

他にも天丼やカツ丼でもめんつゆが活用できますので、麺類と丼ものの連携はさりげなく身に付けておくといいかも。週末や長期休暇のメニュー作りにも一役買いますよ。

炊き込みごはん

あまった「めんつゆ」を上手に活用!使いまわしレシピ5選

ごはんを炊くときに、お好みの具と共に残っためんつゆをすべて入れて使い切るのもお勧めです。具は炊き込みごはんとして使えるものなら何でもOK!

すりおろした生姜だけでも一緒に炊き込めば辛みが抜けて爽やかな風味が広がりますし、ツナ缶やサンマ缶など缶詰を活用するのもおいしいです。

そうめんなどを食べるときにあまった希釈済みのめんつゆは、捨てるのはもったいないと取っておいても長期保存が難しいので、早く使い切るのがベスト。

めんつゆレシピのレパートリーを増やして、ぜひ最後までおいしく活用してくださいね。

<ライタープロフィール>
Webライター
四ツ倉恭子
所属:comorieサポーター

結婚を機に横浜から北海道に移住し、現在は網走市の農村エリアで自然と向き合う暮らしをしています。喜怒哀楽たっぷりの男児育児も満喫中。モットーは「こだわりすぎないスローライフを自然体で」。