本文へジャンプします。


現在位置:> > > 【運動会にぴったり】秋の食材で作るおにぎりレシピ

フード・レシピ

 

【運動会にぴったり】秋の食材で作るおにぎりレシピ

おにぎりの具といえば、おかか、しゃけ、ツナ、梅などが定番。コンビニに並んでいるおにぎりも秋になると、秋限定のおにぎりが登場します。例えば、「秋しゃけ」「舞茸おこわ」「さんまご飯」「きのこご飯」などなど。

コンビニの秋限定おにぎりは具材の参考になる

【運動会にぴったり】秋の食材で作るおにぎりレシピ

炙ったさんまはかなり脂っぽいので、普通にご飯と一緒に握ってしまうとちょっと……という味になりそう。ところが、以前食べたローソンのそれは、生姜をきかせた炊き込みごはんと脂ののった秋刀魚が絶妙のコンビネーションでなかなかなものでした。

ですが、自分で作ろうと思うと、正直なところ相当な手間がかかります。家では手に入りやすい食材で失敗のないものを作ってみましょう。

その1. 焼き鮭×大葉×白ゴマ

【運動会にぴったり】秋の食材で作るおにぎりレシピ

おにぎりには鮭フレークを使う、という方も多いと思いますが、おいしい鮭が安価で手に入る季節は、焼き鮭を使いたいですね。

<作り方>
1. 鮭を香ばしく焼く

2. 皮や骨を取り除いて、大きめにほぐしておく
※鮭フレークのときは心配ありませんが、小さなお子さんが食べる場合は細かな骨も注意して取り除いてください

3.ご飯に鮭と細かく刻んだ大葉、白ゴマを混ぜて、おにぎりを作る

少し焼きすぎたかな?と思うくらい、しっかり焼くほうがおにぎりには合うような気がします。また、塩鮭の場合は、ごはんに混ぜる塩の量は加減してください。

大葉が好きなら、海苔のようにおにぎりを大葉で巻いてもいいですね。

その2. さつまいも×ひじき×白ゴマ

【運動会にぴったり】秋の食材で作るおにぎりレシピ

作り置きおかずとして作った、さつまいものきんぴらを1cmくらいに切って、ひじきごはんのふりかけと一緒にごはんに混ぜて、おにぎりを作ります。

【運動会にぴったり】秋の食材で作るおにぎりレシピ

ひじきの煮物があれば、それを使ってもよし。今回は「北前船のカワモト」というショップのソフトふりかけ「ひじきごはん」を使いました。

【運動会にぴったり】秋の食材で作るおにぎりレシピ

具材とごはんがまとまりにくいので、握るときはラップを使うのがお勧め。さつまいもが外から見えるほうがいいので、握るときは、全部ごはんの中に入り込んでしまわないように注意してください。

その3. 栗ご飯やきのこの炊き込みごはん

【運動会にぴったり】秋の食材で作るおにぎりレシピ

秋の食材で作る炊き込みごはんは間違いなくおいしい!我が家では、炊き込みごはん大好きな息子のために、翌日のお弁当に入れる分も想定して、多めに炊くようにしています。

栗ご飯は、栗の下ごしらえに手間がかかりますが、きのこやさつまいもを入れた炊き込みごはんは手間がかからないのでお勧めです。

●さつまいもごはん
<材料>
・さつまいも 1本(200〜250gくらい)
・米     2合
・酒     大さじ1
・みりん   大さじ1
・醤油    大さじ1〜2
・塩     少々

<作り方>
1. 米をといでおく
※「ざるにあげておく」と書いてあるレシピも多いですが、手間なときはしっかり水気を切っておきましょう。

2. さつまいもはよく洗い、角切りにしておく
※皮付きのままでOKです。
※角切りは1cmくらい。おにぎりを作る場合は、もっと小さめに切ってもいいですね。

3. 炊飯器に米、調味料を入れて通常どおりまで水を足し、さつまいもを乗せて、普通に炊き上げる

【運動会にぴったり】秋の食材で作るおにぎりレシピ

「さつまいもごはん」と同じ調味料で「きのこの炊き込みごはん」も炊くことができます。水の代わりに昆布ダシを使うとおいしさアップ!昆布ダシが準備できない場合は、粉末のダシでもOKです。

ほかに、作ってみておいしかったのは、かぼちゃの煮物を入れた肉巻きおにぎり。普通に食べておいしい組み合わせならおにぎりにしても間違いありません!運動会や遠足のお弁当にぜひ作ってみてください。

<ライタープロフィール>
フリーライター
上野典子
所属:comorieサポーター

京都在住のフリーライター。剣道3段、スキー準指導員の資格を持ち、スポーツは見るのもするのも大好き。サッカー部に所属する息子たちの胃袋を満たすために、簡単で栄養満点の料理を作るのが得意。