本文へジャンプします。


現在位置:> > > 【レポ】話題の味の素「おにぎり丸」。全5種類を食べ比べてみました!

フード・レシピ

 

【レポ】話題の味の素「おにぎり丸」。全5種類を食べ比べてみました!

「日本を変えるおにぎりの具」というキャッチフレーズとともに発売された味の素の「おにぎり丸」。全5種類を実際に購入・試食してみました!使ってみて気付いた点や、作り方のコツなどをレポートします。

「おにぎり丸」ってどんな商品?

【レポ】話題の味の素「おにぎり丸」。全5種類を食べ比べてみました!

「冷凍の具材をそのままあたたかいごはんで握ればおにぎりになる」「具材には肉も野菜も入っていて、おにぎりだけでボリューム十分なお弁当になる」という、これまでになかったタイプの商品。

その手軽さと便利さで、発売以来大きな話題となっているようです。

具材は全部で5種類。「甘口ポークカレー」「甘くち麻婆豆腐」「おいしいギョーザ」「野菜たっぷりビビンバ」「ちいさな豚角煮」というラインアップです。1つのパッケージで、4食分がセットになっています。

自宅最寄りの県内チェーンのスーパーには、4種類が置いてありました。「甘くち麻婆豆腐」のみなぜか取り扱っていなかったので、別の全国チェーンのスーパーで入手しました。価格はどちらのスーパーでも、1つ税込み213円でした。

ちなみに最初の県内チェーンのスーパーでは、筆者の訪店時、いちばん陳列数が少なくなっていたのは「ちいさな豚角煮」でした。コレが一番人気なのかな?

「おにぎり丸」を開けてみた

【レポ】話題の味の素「おにぎり丸」。全5種類を食べ比べてみました!

「おにぎり丸」を開封してみたところです。直径4センチ程度の半球状です。CMを見ていても感じていたのですが、これをおにぎりにするとなると、小さい子にはちょっと大きいかも……!?

「おにぎり丸」を握ってみた

【レポ】話題の味の素「おにぎり丸」。全5種類を食べ比べてみました!

写真はパッケージに印刷されている作り方。ラップの上にごはんを広げて、その上におにぎり丸を置き、さらにごはんをのせて包む方法です。不器用な筆者にはこの方法だと、ごはんが広がってしまってややまとめにくく、ごはんの量も多くなりおにぎりが大きくなってしまいがちに感じられました。

【レポ】話題の味の素「おにぎり丸」。全5種類を食べ比べてみました!

そこで、公式サイトの「小さく握るコツ」にある、お茶碗の上にラップを敷いてごはんを入れ、「おにぎり丸」をのせてさらにごはんをかぶせて握る方法にトライ。個人的にはこちらのほうが、少なめのごはんでもまとめやすく、握りやすかったです。

最初に入れるごはんの中央を少しくぼませるようにして、そこへ「おにぎり丸」を埋め込むようにすると、より作りやすく感じられました。お茶碗を使って作ること、オススメです。

【レポ】話題の味の素「おにぎり丸」。全5種類を食べ比べてみました!

100g弱のごはんを広げた上に「おにぎり丸」をのせ、その上に少量のごはんをかぶせて握ったおにぎりです。この方法で、1合のごはんから小さめのおにぎりが3個できました。写真のお皿の直径は約12cmなので、おにぎり自体の大きさは8cm程度です。

【レポ】話題の味の素「おにぎり丸」。全5種類を食べ比べてみました!

中に入れた「おにぎり丸」がとけるまで30分ほど置いて、いよいよ試食です!写真は左上から時計回りに、カレー、麻婆豆腐、ギョーザ、豚角煮、ビビンバ。小学校低学年の子供と、親子で食べた感想は……

●カレー …親子ともにおいしく食べられました。「豚肉とほうれん草、にんじん、たまねぎの3種野菜にチーズを加えた」ということですが、あまりチーズは感じられなかったかも?

●麻婆豆腐 …かくし味の「花椒(ホアジャオ)」と思われる香辛料がなかなか効いています。子供はちょっと苦手だった様子です。

●ギョーザ …あっさりとした味わいです。「ジューシーなギョーザの中具を酢?油で味付けした」ということなので、酢?油のサッパリが効いているのかも。

●豚角煮 …ボリュームのある角煮のイメージとは少し違うものの、コロコロとした豚肉が食べごたえありました。おにぎりとしても、食感にも変化があってよかったです。

●ビビンバ …いわゆるお店の「ビビンバ」を想定して口にすると、とろみが多めなのに違和感がありました。子供はコレが一番気に入ったようです。

 ※あくまでも個人の味覚による感想です


どの味も全体にとろりとしているので、おにぎりにこういった食感の具が入っていることは好みが分かれるかもしれません。

個人的には、ごはんがまだ温かいうちに食べるよりも、しっかり冷めてからのほうがおいしく感じられました。そういう点では、お弁当向きと言えそうです。

なによりも、食べごたえのあるおにぎりが手軽にできるのが魅力の「おにぎり丸」。肉と野菜が入っているので、スポーツや塾でのお弁当にもピッタリです。今は中華系の味が中心ですが、親子丼や牛丼のような新しい味も期待したくなりました。

▼味の素:おにぎり丸

<ライタープロフィール>
ライター、Webエディター、サイト制作管理など、Web周辺仕事請負人
多田エツコ
所属:comorieサポーター

家にいることが好きすぎて、仕事も自宅でするようになってしまった筋金入りのインドア派。青空が気持ちいい晴天の日、洗濯物や布団を思う存分干すときに無上の幸せを感じます。