本文へジャンプします。


現在位置:> > 掃除・洗濯

子どもたちの肌が弱いため、強力な洗剤が使えず、首や袖回りの「黄ばみ」「黒ずみ」が気になっていました。そこで、シミ取りの効果が高いと評判の「ザウトマン」をお試し。年季の入った黒ずみも、驚くほどきれいになりましたよ!

共働きのわが家では、洗濯物は基本的に室内干し。さらにうちでは、主人の汗だくのシャツや、息子がトイレで失敗した下着など、臭いが強いものが多いという問題があります。そのため生乾きが続くと、どうしても臭いが気になります。洗濯物の臭いには粉末の酸素系漂白剤。そんな情報を聞きつけ、さっそく試してみました。

ハーブなど、良い香りがするものが大好きです。なのに、毎日使う柔軟剤で気に入った香りのものを見つけられず、「柔軟剤ジプシー」と化していた筆者。しかしついにお気に入りを見つけました!今回は天然素材を使った柔軟剤「ランドリン ボタニカル」を紹介します。

エアコンと併用すると、冷暖房効率がアップすると評判のサーキュレーター。わが家でも数年来使用していますが、「背の低い扇風機」感覚で室内干しの洗濯物に風を当てる程度しか活用していませんでした(それだけでも、充分お役立ちではあるのですが)。そこで今回は、エアコンとの併用にも初挑戦。どのくらい効果があったか、結果をご紹介します。

制服のある学校へお子さんが通っていると、いつ洗ったらいいのか悩みますよね。単価の高い制服、上着やズボンとなると基本的に夏冬各1着のご家庭が多いのではと思います。我が家は男子の制服を極力ラクな方法で、家で洗っています。

最近、アルコールを使用した洗浄剤や消毒用の商品をよく見かけるようになりました。カビや食中毒が気になる梅雨時から夏場にかけて、キッチンの消毒やお風呂のカビ予防に消毒用アルコールを使用する人も多いでしょう。今回は消毒用アルコールを上手に使うための情報をお伝えします。

スニーカーや運動靴の汚れが気になったとき、時間をかけてゴシゴシ手洗いするのは大変ですよね。手間をかけずにさっとキレイにするには、衣類と同じく家の洗濯機を使うのが楽ちんです。洗濯機を使う場合のポイントや注意点、洗ってみた感想をお伝えします。

前の7件へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10次の7件へ


What’s New 最新マネートピックス

ピックアップ 編集部のオススメ

保険アドバイザー 無料で申し込めます