本文へジャンプします。


現在位置:> > > もっと早くやればよかった!ふるさと納税がお得なワケ

賢く付き合うマネーの知恵 お金の上手な使い方がわかる

税金

ふるさと納税がお得なワケ

もっと早くやればよかった!ふるさと納税がお得なワケ

もっと早くやればよかった!ふるさと納税がお得なワケ

話題のふるさと納税、気になってはいるけど、「めんどくさそう…」と思って敬遠してはいませんか?

それでは本当にもったいない!
私を含め、最近ふるさと納税を始めた人は声を揃えて、「もっと早くやればよかった」と言います。

そこで今回は「ふるさと納税」がお得なワケと利用方法をご紹介します。

<目次>
ふるさと納税がお得なワケ
ふるさと納税の流れ
さとふるなら確定申告も簡単!

ふるさと納税がお得なワケ

「ふるさと納税」は、"納税"という言葉がついているため難しく聞こえますが、簡単に言うと実質2,000円の負担で豪華な返礼品がもらえるお得な制度です。

例えば、ふるさと納税を利用してどこかの自治体に5万円寄付したとすると、4万8,000円は税金から控除、つまり徴収されるはずの税金が、所得税の還付として、もしくは翌年の住民税から差し引かれて戻ってきます。

年収や家族構成、居住地域によって、控除対象となる寄付金の年間上限額が異なるので、気になる方はふるさと納税サイトのシミュレーションや早見表などを使って確認してみてください。

>>さとふる控除上限額シミュレーションを見てみる
>>さとふる控除上限額早見表を見てみる

●魅力的な返礼品のラインナップ!
ニュースなどで見かけたことがある方も多いと思いますが、お米やお肉、魚、果物、野菜、ビール、スイーツなどの食品が人気です。

お肉とひとくちに言っても、良質なブランド肉からお得なボリュームタイプもあり、好みに合わせて選ぶことができます。

質を重視する人も、コストパフォーマンスを重視する人も満足できる豪華なラインナップ!

さらに、食べ物だけでなく、旅行券や美容アイテム、雑貨、お花まで返礼品の種類はかなり幅広いのです!

百聞は一見にしかず。1度サイトを覗いてみてください!
今回は、CMでもおなじみの「さとふる」をご紹介します。

>>豪華な返礼品を見てみる

もっと早くやればよかった!ふるさと納税がお得なワケ

ふるさと納税の流れ

ふるさと納税の流れは簡単4STEP。

@お礼品を選ぶ
A申し込む
B受け取る
C確定申告をする

申し込み手続きは、通販で買い物するのとさほど変わりません。

名前、住所、電話番号、メールアドレスなどの寄付者情報の入力、支払方法の設定、寄付金の使い道指定(地方自治体ごとに異なる。未指定も可)をすれば、申し込みは完了です!

●確定申告の面倒な手続きが不要になる制度も!
ふるさと納税で税金の控除を受けるには、確定申告を行う必要があります。

ただ、ワンストップ特例制度という制度が適用される場合は、必要書類の送付で確定申告をせずとも控除を受けることができるのです。

▼ワンストップ特例制度適用条件
1.寄付を行った年の所得について確定申告をする必要が無い人
2.1年間のふるさと納税納付先自治体が5つまでの人

▼ワンストップ特例制度 必要書類
・ワンストップ特例制度の申請用紙(ネットでダウンロードできます)
・マイナンバーと本人確認ができる書類の写し
上記必要書類を納税納付先の自治体に送るだけ。

この制度ができたことで、ふるさと納税の利用者もかなり増えたよう。
申請期限がふるさと納税を行った翌年の1月10日(必着)となるので、寄付したら早めに送りましょう。


もっと早くやればよかった!ふるさと納税がお得なワケ

【注目トピックス】


【関連クイズ】

What’s New 最新マネートピックス

人気ランキング いま注目のマネートピック