本文へジャンプします。


現在位置:> > > 土地の生前贈与を行うメリットとデメリットとは?意外な落とし穴もご紹介

賢く付き合うマネーの知恵 お金の上手な使い方がわかる

税金

土地の生前贈与は注意が必要?

土地の生前贈与を行うメリットとデメリットとは?意外な落とし穴もご紹介

土地の生前贈与を行うメリットとデメリットとは?意外な落とし穴もご紹介

後悔をしないためにも、土地の生前贈与をしたほうがお得か、遺産として相続すべきか、税金に関する制度内容をしっかり確認してから判断することが大切です。以下、生前贈与に踏み切る前にぜひ知っておきたい項目について、メリットやデメリットも含め、ご案内していきましょう。


<目次>
土地を生前贈与する場合のメリットとデメリット
生前贈与する場合の注意点
土地の生前贈与でよくあるトラブルとは?
土地を生前贈与した場合と相続した場合の税制の違い
生前贈与を受けたら土地の名義変更を行う

土地を生前贈与する場合のメリットとデメリット

土地の生前贈与を行うメリットとして、主に下記の2点が挙げられます。
1点目は、土地を引き継いでもらいたいと思う特定の親族等に、自身が決めたタイミングで確実に贈与できる点です。贈与する相手として合意が得られれば、通常遺産相続を行うことができない第三者を選択することもでき、分割での贈与も可能です。生前贈与によって所有している土地を整理しておくことにより、遺産相続時に発生するかもしれないトラブルを事前に回避することができるでしょう。

2点目は、多額の財産を所有している場合であれば、生前贈与によって将来遺産相続をする人に課される相続税を抑えることができる点です。なぜならば、相続の対象となる遺産に含まれる土地自体を減らすことができるからです。

一方土地を生前贈与する場合には、主に2点のデメリットもありますので、念頭に置いておく必要があります。
1点目は、土地を分割して生前贈与を行った場合、土地の区分によって価値に差が生じて不公平感が生まれる可能性がある点です。分割した土地のいずれかのみが大きく地価上昇した場合、所有者が負担すべき固定資産税の支払いも大変な負担となる場合があります。

2点目は、生前贈与時の土地の価格次第では、多額の贈与税が課される可能性がある点です。非課税制度を上手に利用し、土地をもらった人が贈与税の負担を軽減できるよう、事前に対策を講ずる必要があります。

生前贈与する場合の注意点

生前贈与を実施するにあたり、贈与者(生前贈与をする人)は、正常な判断力や理解力を持っていることが前提となります。もし贈与者が心身の病気や認知症などで適切に物事を判断できない状態となった場合には、存命であっても生前贈与を行うことができません。したがって自分が健康であるうちに、土地等の財産をどう扱ったらよいか、子や孫などと相談しながら税金対策を含めて検討を始めておくと安心です。


【関連クイズ】

What’s New 最新マネートピックス

人気ランキング いま注目のマネートピック