本文へジャンプします。


現在位置:> > > 年収200万円でもふるさと納税はできる!おすすめの品ガイド

賢く付き合うマネーの知恵 お金の上手な使い方がわかる

税金

年収200万円でふるさと納税

年収200万円でもふるさと納税はできる!おすすめの品ガイド

年収200万円でもふるさと納税はできる!おすすめの品ガイド

年収が200万円あれば、条件次第で損することなく「ふるさと納税」ならではの醍醐味を味わうことができます。ふるさと納税のメリットや必要な手続き、損をしないための注意点に加え、寄附のお礼としてもらえる返礼品の特徴などをまとめてご紹介していきましょう。

<目次>
ふるさと納税とは?
年収200万円でもふるさと納税できる?
寄附金3,000円〜5,000円でもらえる品は?
1万円寄附ならバリエーションも豊富!
年収200万円で「ふるさと納税」を行うときの注意点

ふるさと納税とは?

ふるさと納税とは、住まいに関係なく、日本全国にある自治体の中から好きなところを選んで寄附ができる制度で、寄附金控除が得られるメリットがあります。寄附をした金額や自分の所得等に応じて所得税や住民税の控除が受けられるだけでなく、返礼品として各地の名産品などをもらえる点が魅力です。最初は、いったん寄附金の全額を自己負担する必要がありますが、後日寄附金控除が受けられるため、実質的には2,000円の負担でふるさと納税を行うことができます。

年収200万円でもふるさと納税できる?

ふるさと納税のメリットを最大限に生かすためには、あらかじめ寄附金控除の上限金額を知っておくことが大切です。なぜなら、年収や扶養家族の有無などによって、その上限金額は異なり、寄附する金額によっては、全てまたは一部が自腹での寄附になってしまう可能性があるからです。

なお、具体的に自分の寄附金控除の上限金額がいくらになるのか、確認したいときには計算シミュレーターを活用してみましょう。例えば、年収200万円で独身の場合には、計算シミュレーターで「寄附の上限目安」が14,000円と算出されます。したがって、独身で年収が200万円あれば、自己負担2,000円のみで14,000円までのふるさと納税が可能というわけです。つまり、実質2,000円の出費で14,000円の寄附に見合う返礼品を受け取ることができるので、十分にお得といえます。

一方、年収100万円で独身の場合には、「寄附の上限目安」はゼロであるため、ふるさと納税をした場合には全額自腹となります。
配偶者や子どもなど扶養家族がいる方は、総務省のホームページを参考にしましょう。

本サイトでは、年収や家族構成に応じて、寄附金控除のおおよその上限金額を知ることができる一覧表が用意されていますので便利です。例えば、ふるさと納税を行う人の年収が400万円で、夫婦と高校生の子ども1人の家庭を持っている場合には、寄附金控除の上限金額は25,000円が目安となります。

計算シミュレーター:
http://www.satofull.jp/static/calculation02.php#sim_content
総務省のホームページ:
http://www.soumu.go.jp/main_sosiki/jichi_zeisei/czaisei/czaisei_seido/furusato/mechanism/deduction.html


【関連クイズ】

What’s New 最新マネートピックス

人気ランキング いま注目のマネートピック