本文へジャンプします。


現在位置:> > > 知らないと本当に損をする!?相続時精算課税制度のメリットとデメリットとは

賢く付き合うマネーの知恵 お金の上手な使い方がわかる

税金

相続時精算課税制度って何?

知らないと本当に損をする!?相続時精算課税制度のメリットとデメリットとは

知らないと本当に損をする!?相続時精算課税制度のメリットとデメリットとは

相続時精算課税制度は、贈与税の負担を抑えて、早期に子や孫に財産を移転できる制度です。しかし制度を利用せず、暦年課税の方が有利なケースもあります。相続時精算課税制度を利用するメリットやデメリット、制度を利用するうえでの注意点などをまとめました。


<目次>
相続時精算課税制度とは?
相続時精算課税制度のメリット
相続時精算課税制度のデメリット
相続時精算課税制度を利用する場合の注意点
相続時精算課税制度を利用するための手続き

相続時精算課税制度とは?

相続時精算課税制度とは、60歳以上の父母あるいは祖父母から、20歳以上の子や孫などの直系尊属へ2,500万円までの贈与に対して、贈与税が非課税になる制度です。実子に限らず、養子も対象です。将来、贈与者である父母や祖父母が亡くなり、相続が発生した時点で相続税を再計算することになります。2,500万円を超えて贈与を行った場合は、一律で20%の贈与税が掛かります。贈与される財産をはじめ、贈与を行う回数や年数、金額には制限は設けられていません。

贈与税は通常の暦年課税では、毎年、基礎控除が110万円あります。1年に110万円を超える贈与があった場合には、課税価額に応じて10%〜55%の贈与税が発生します。
贈与を受ける受贈者は、贈与者ごとに相続時精算課税制度を選択するかを決めることができます。

相続時精算課税制度のメリット

相続税精算時課税制度は、2,500万円までの財産を非課税で贈与できることがメリットです。将来的に相続が発生した時点では相続税が課されるため、直接的には相続税対策にはなりませんが、多額の財産を早期に移転させておくことが可能です。たとえば、賃貸運用できる不動産を贈与すると、収益は受贈者のものとなるため、贈与者の財産が増えることを防ぐという意味では間接的に相続税対策になります。また、相続が発生した時点で相続税を計算するときには、贈与した時点での価額が適用されるため、将来値上がりする見込みがある財産を贈与するとメリットが大きいです。

贈与をしておくことで、相続が発生したときに、遺産分割協議で分けにくい財産の移転を図っておけることもメリットに挙げられます。ただし相続時精算課税制度を利用した贈与は、特別受益に該当します。


【関連クイズ】

What’s New 最新マネートピックス

人気ランキング いま注目のマネートピック