本文へジャンプします。


現在位置:> > > 生前贈与で相続税対策!住宅を生前贈与する方法とそのメリットをチェック

賢く付き合うマネーの知恵 お金の上手な使い方がわかる

税金

住宅って生前贈与できるの?賢く相続税対策しよう

生前贈与で相続税対策!住宅を生前贈与する方法とそのメリットをチェック

住宅を生前贈与する際に注意したいポイント

住宅およびその敷地を生前贈与する場合、おしどり贈与を行ったとしても、不動産の評価額次第では贈与税が発生する可能性はゼロではないため注意が必要です。また、仮に贈与税がかからない場合にも、不動産取得税や不動産登記にかかる登録免許税などの諸費用は発生するため、予算の十分な確保が必須となります。ちなみに、不動産取得税として固定資産税評価額の4%、登録免許税として不動産価額の1,000分の20が課されます。

住宅以外で生前贈与を非課税で行う方法とその注意点

住宅以外で生前贈与を非課税で行う方法として、「暦年課税の基礎控除」を活用する方法があります。すなわち、現金や預金の贈与を受ける子や孫などは、年間110万円までであれば、贈与税を負担する必要はないという非課税制度です。
そのほかにも、親など直系尊属から教育資金として、まとまった資金をもらった場合には、1,500万円まで非課税となる制度もあります。なお、本制度は、教育資金を活用する本人が30歳未満であることが前提条件です。

最後に、子や孫に対して、結婚や子育てのための資金を援助した場合、1,000万円まで非課税とできる制度もあります。この制度を適用するには、資金をもらう人が50歳未満であることが条件で、結婚に関する資金援助の上限は300万円です。

<前へ   1  2  3 


【関連クイズ】

What’s New 最新マネートピックス

人気ランキング いま注目のマネートピック