本文へジャンプします。


現在位置:> > > 生前贈与で相続税対策!住宅を生前贈与する方法とそのメリットをチェック

賢く付き合うマネーの知恵 お金の上手な使い方がわかる

税金

住宅って生前贈与できるの?賢く相続税対策しよう

生前贈与で相続税対策!住宅を生前贈与する方法とそのメリットをチェック

生前贈与で相続税対策!住宅を生前贈与する方法とそのメリットをチェック

生前贈与に関する非課税制度を知って、賢く相続税対策をしてみませんか。特に、金額が高額となる住宅を生前贈与する際には、親子間や夫婦間で利用できる非課税制度を活用することで大幅に負担する税金を抑えることができます。以下、住宅などの生前贈与に関する具体的な制度や特徴、メリットについてご紹介していきます。

<目次>
なぜ生前贈与が必要なの?
住宅資金贈与非課税制度で税金対策
リフォーム資金を生前贈与や、おしどり贈与で税金対策
住宅を生前贈与する際に注意したいポイント

なぜ生前贈与が必要なの?

相続税法の改正により、2015年1月1日以降に遺産相続が行われた場合の基礎控除金額が、2,000万円以上と大幅に引き下げられました。したがって、所有財産の総額によっては、相続税法の改正前と比べて、より多くの相続税を負担しなければならない可能性が高まっています。

このような状況を踏まえ、節税対策のひとつとして、改めて非課税制度を活用した生前贈与を行うメリットが注目され始めました。なぜならば、計画的に生前贈与を行うことで、亡くなったあとに引き継がれる遺産の総額を減らすことができ、結果的には支払うべき相続税を抑えることができるからです。
生前贈与の方法はさまざまですが、多額の財産を一度に贈与できる手段として、住宅に関する非課税制度の活用をおすすめします。詳しくは、次章にてご説明していきましょう。

住宅資金贈与非課税制度で税金対策

住宅資金贈与非課税制度とは、住宅を取得する際に必要な資金を、父母や祖父母といった直系尊属からもらった場合、最大3,000万円まで贈与税が非課税とされる制度です。自分が住む予定の新築や中古物件の購入時だけでなく、家の増改築を行う場合にも適用できます。なお、本制度は、2015年1月1日から2021年12月31日の間に資金をもらうことが条件で、2,500万円まで非課税となる「相続時精算課税制度」と併用可能です。すなわち、規定を満たすことで、最大5,500万円の非課税枠を得られる仕組みとなっています。

もし、住宅資金贈与非課税制度を活用せず、一般贈与として資金を受け取った場合には、もらった金額に応じて贈与税が課されます。例えば、自分の親から3,000万円の一般贈与を受けた場合、非課税制度を利用しなければ、負担すべき贈与税は以下のとおりです。
(負担すべき贈与税の金額)=(3,000万円−基礎控除額110万円)×税率50%−控除額250万円=1,195万円
なお、住宅資金贈与非課税制度を適用した場合、贈与税が非課税となる限度額は、住宅の種類や住宅取得にかかる契約日によって異なるため注意しましょう。消費税10%の際に非課税枠が最大となる、省エネ基準を満たす優良住宅の購入契約を、2019年4月1日から2020年3月31日の間に締結するのがおすすめです。


【関連クイズ】

What’s New 最新マネートピックス

人気ランキング いま注目のマネートピック