本文へジャンプします。


現在位置:> > > 生前贈与をするなら知っておきたい!非課税で贈与を行う方法

賢く付き合うマネーの知恵 お金の上手な使い方がわかる

税金

生前贈与で損をしない方法とは

生前贈与をするなら知っておきたい!非課税で贈与を行う方法

生前贈与をするなら知っておきたい!非課税で贈与を行う方法

将来に備えて財産を蓄えている方の中には、相続税対策の一環として、生前贈与を検討される方も増えてきています。生前贈与を行うのであれば、できるだけ贈与税がかからない方法を選ばれることをおすすめします。生前贈与を始める前に、知っておくと得する非課税制度について紹介していきましょう。

<目次>
そもそも「生前贈与」って何?
生前贈与を行わないと、どれくらい損をするの?
生前贈与の際に活用できる6つの非課税枠とは

そもそも「生前贈与」って何?

「生前贈与」とは、生きている間に、所有している財産を子や孫などに無償で譲ることです。その際、基本的には贈られた人に対して贈与税が課されますが、上手に非課税枠を活用することで、節税のメリットを得られることもあります。生前贈与を検討される人の中には、相続すべき財産がたくさんあり、将来相続人が支払うべき相続税をできるだけ減らしたいと考える人も多く見られます。
なお、生前贈与の際に適用できる非課税枠は全部で6種類です。具体的な項目については、後ほど説明させていただきますので、あわせてご参照ください。

生前贈与を行わないと、どれくらい損をするの?

生前贈与を行わず、亡くなってから親族等に遺産を相続した場合には、相続人に対して一度に多額の相続税が課され、大きな負担となる場合があります。一方、生きている間に将来の税金対策を考え、適切な生前贈与を行うことによって、相続税の税負担を減らすことが可能です。なお、生前贈与の際、非課税枠を賢く活用するには、いくらまで贈与できるのかを知り、タイミングや対象者の年齢など一定の条件がある点にも注意しなければなりません。

例えば、現金8,000万円を所有するAさんが、生前贈与を行った場合とそうでない場合を比較し、税金の支払額にどれくらいの差が出るのかを確認してみましょう。

◆生前贈与を行った場合(贈与税・相続税ともにゼロ)
3人の子どもに対して毎年110万円ずつ10年間にわたり生前贈与を行った場合、その総額は3,300万円で、贈与税は全て非課税となります(次章の「基礎控除」参照)。生前贈与をしているため、Aさんが亡くなったあとに遺産として相続される現金は残りの4,700万円のみです。なお、Aさんの遺産はこの現金以外になく、法定相続人が3人の子ども以外にいないとした場合には、相続税も課されません。なぜならば、相続税の基礎控除額が4,800万円(=3,000万円+600万円×3人)となるためです。

◆生前贈与を行わなかった場合(贈与税は対象外、相続税は600万円)
Aさんが生前贈与を行わずに死亡した場合には、3人の子どもに対して現金8,000万円が一度に相続されることになります。その場合、相続税の基礎控除額は上記のとおり4,800万円であることから、残りの3,200万円に対して相続税が課されます。なお、国税庁のホームページにある「相続税の速算表」に従って計算すると、相続人が負担すべき相続税は600万円(=(3,200万円−200万円)×20%)です。つまり、生前贈与を行わないことで、600万円の損をすることになります。


【関連クイズ】

What’s New 最新マネートピックス

人気ランキング いま注目のマネートピック