本文へジャンプします。


現在位置:> > > 2017年の確定申告、対象期間などキホン情報まとめ

賢く付き合うマネーの知恵 お金の上手な使い方がわかる

税金

確定申告いつからいつまで?期限を過ぎたらどうなる?

2017年の確定申告、対象期間などキホン情報まとめ

2017年の確定申告、対象期間などキホン情報まとめ

確定申告の対象期間、区切りは?

今年も確定申告の時期がやってきました。
2017年(平成29年)の確定申告期間は、2017年2月16日(木)から3月15日(水)までです。
確定申告は払いすぎた税金を取り戻すことができるチャンス、期間内に忘れずに手続きしましょう。
ココでは、対象期間、区切りのほか、「期限を過ぎたらどうなる?」「土日は受け付けてくれるの?」「サラリーマンでも確定申告が必要なケースとは」といった、確定申告でよくある疑問をまとめてご紹介します。

まず確定申告の対象期間は、毎年1月から12月までの1年ごとの区切りとなりますので、2017年(平成29年)の対象期間は、2016年1月1日から12月31日までとなります。

期限を過ぎたらどうなる?

期限内に確定申告を忘れてしまっても「期限後申告」という形で、期限後も申告が可能です。

ただし、期限後申告の場合、収めるべき税金のほかに無申告加算税や延滞税が課せられます。
ちなみに無申告加算税は軽減措置があり、税務署の調査を受ける前に自主的に期限後申告をした場合には、通常50万円までは15%、50万円を超える部分は20%かかるところ、5%に軽減されます。
期限を過ぎてしまっても、できるだけ早く自分で申告を!

土日は受け付けてくれるの?

いざ確定申告の書類が完成しても、税務署へ提出しなければ完了とはなりません。
しかし、税務署は通常、土・日・祝日は閉庁しており、開庁しているのは月曜日から金曜日(祝日等を除きます。)の午前8時30分から午後5時まで。
仕事をしている人など、この時間帯に行くのが難しいという人も多いのでは?

そんな人に朗報。一部の税務署では確定申告期間中、2月19日と2月26日に限り日曜日も、確定申告の相談および申告書の受付を行っています。くわしくは、国税庁のHPでご確認を!

また、税務署の時間外収受箱へ投函する形での提出、e-Tax(電子申告)を使った提出、郵送での提出など、平日に税務署に行けない人のための方法はいくつかありますので、最適な方法で期間内に提出しましょう。

【注目トピックス】


【関連クイズ】

What’s New 最新マネートピックス

人気ランキング いま注目のマネートピック