本文へジャンプします。


現在位置:> > > 生前贈与に効果大! 生命保険の知っトク活用術

賢く付き合うマネーの知恵 お金の上手な使い方がわかる

税金

生前贈与に効果大!生命保険の活用術とは

生前贈与に効果大! 生命保険の知っトク活用術

生前贈与に効果大! 生命保険の知っトク活用術

生前贈与で相続税の負担を減らす

2015年1月より、相続税の基礎控除額が、現在の「5000万円+1000万円×法定相続人」から「3000万円+600万円×法定相続人」と大幅に縮小されます。この変更を目の前に控え、我が家でも将来の相続に備えて今のうちから何か対策をうっておいたほうがよいのかもと考える人が多いかもしれないですね。相続税対策にはいろんな方法がありますが、シンプルなのは、相続がおきる前に、生前贈与で資産を子世代に移しておくことです。でも、そんなことをしたら、今度は贈与税がかからないのでしょうか?

それについては、贈与税の基礎控除の制度を使うとよいでしょう。贈与税には、1月1日から12月31日までの1年あたり110万円の基礎控除が認められています。つまり、毎年110万円までなら、税金を気にすることなく、子どもに贈与できるのです。しかも、この制度は子ども一人ひとりに使えますし、子どもだけでなく孫にも使えば、かなりまとまった額のお金を動かすことも可能です。たとえば、子どもと孫が5人なら、毎年550万円が非課税で贈与できるので、相続税対策としてはかなり有効な手段といえますね。


【関連クイズ】

What’s New 最新マネートピックス

人気ランキング いま注目のマネートピック