本文へジャンプします。


現在位置:> > > 扶養枠内で働くために知っておきたい103万円の壁、130万円の壁

賢く付き合うマネーの知恵 お金の上手な使い方がわかる

税金

103万円の壁、130万円の壁とは

扶養枠内で働くために知っておきたい103万円の壁、130万円の壁

社会保険料への影響がでる130万円の壁とは?

パート収入が年間103万円を超える場合、次なる壁として意識しておきたいのが「年収130万円の壁」です。これは、社会保険料の負担の面から考える必要があります。社会保険料とは、健康保険や国民年金保険料、厚生年金保険料などのこと。妻の年収が130万円以下の場合は、夫の扶養範囲になるので、妻が社会保険料を負担する必要はありません。負担はなくても、健康保険は夫の健康保険組合に「扶養家族」として加入することができ、国民年金は夫の厚生年金・共済年金の「第3号被保険者」となることができます。
健康保険料は自治体によって異なりますが月額5,000円程度、国民年金保険料は15,250円(平成26年度)。合計すると月間で2万円、年24万円の負担増となるので収入に大きな影響を与えそうですね。

第三の壁「141万円の壁」とは?

せっかくパートに出るなら、税金や社会保険料の負担が発生したとしてもできるだけたくさん収入を得たいと誰もが思うもの。パート収入が年間130万円以上になると所得税も払う必要がありますし、健康保険や国民年金の保険料も支払わなければなりません。しかし、パート収入が年間141万円までであれば、まだメリットが残されています。それが、「配偶者特別控除」によって、夫の所得税が少なくなることです。

「配偶者特別控除」とは、妻の年収が103万円超141万円未満の場合に夫に適用できる控除です。 パート収入が年間103万円以下のときに適用できる「配偶者控除」は一律38万円でしたが、103万円を超えたときに適用になる「配偶者特別控除」は、妻の年収に応じて控除額が段階的に決められています。 「配偶者特別控除」の金額は、妻の所得が5万円増えるごとに38万円から段階的に減っていき、妻のパート収入が141万円に達すると0円になります。 ただし、夫の収入が1,000万円を超えるとそもそも控除の対象とはならないのでご注意を。


【関連クイズ】

What’s New 最新マネートピックス

人気ランキング いま注目のマネートピック