本文へジャンプします。


現在位置:> > > 確定申告して、税金を取り戻す方法とは

賢く付き合うマネーの知恵 お金の上手な使い方がわかる

税金

知っている人だけトクをする! 確定申告して、税金を取り戻す方法

確定申告して、税金を取り戻す方法とは

確定申告して、税金を取り戻す方法とは

毎年、2月〜3月は確定申告シーズン。自分には関係ないと思っている人でも、実は確定申告する必要がある場合や、確定申告すると税金が戻ってくる場合があります。
ココでは、会社員でも確定申告をしなければならない場合や、医療費控除、住宅ローン控除が実際にいくら戻ってくるのか、税金が戻ってこなくても確定申告したほうがよいケースなど、知っている人だけトクをする! 確定申告のノウハウを伝授いたします。

<目次>
会社員でも確定申告をしなければならない場合とは?
確定申告すると税金が戻ってくる場合
医療費控除、住宅ローン控除…実際にはいくら戻ってくる?
税金が戻ってこなくても確定申告したほうがよいケースも

会社員でも確定申告をしなければならない場合とは?

確定申告と聞いても、会社に勤めている人はいまひとつピンと来ないかもしれませんね。それもそのはず、会社員の払う所得税は、毎月の給与からいったんおおまかに計算した額が天引きされ、年末に正しい所得税額を確定させて調整する年末調整が行われます。会社にお任せしておけば、個人的に納税の心配をしなくてもよいというわけです。

ただし、会社員であっても、状況によっては「確定申告する必要がある場合」や「確定申告すると税金が戻ってくる場合」があります。

次に挙げるような人は、会社員の人でも確定申告が必要になります。

(1)年間2000万円を超える給与収入がある人
(2)会社からの給与以外の給与や家賃収入や副業などからの所得(収入から経費をひいた金額)が年間20万円を超える人。

例えば、収入アップを目指して週末にほかの会社で働いたり、以前住んでいたマンションを人に貸していて家賃収入があったりする人は要注意。給与以外に20万円を超える所得があるなら、忘れずに確定申告しましょう。

確定申告すると税金が戻ってくる場合

一方、所得税には、「マイホームを買った」「空き巣に入られた」など、個人的な事情によって所得税の負担を軽くしてもらえるさまざまな制度があり、これらの中には、年末調整では控除が受けられないものもあります。この場合には、年末調整をした人であっても、確定申告をすることで所得税の一部(場合によっては全部!)が戻ってくることがあります。

では、確定申告すると所得税が戻ってくるのは、具体的にはどんな場合なのでしょうか?代表的な例を表でまとめたので、自分が該当するものがないか、チェックしてみましょう。

これ以外にも、年度の途中で退職して再就職しなかった人にも確定申告をオススメします。なぜなら、在職中に給与から天引きされていた所得税は、1年間働くことを前提に計算されたもの。途中で退職して、その年の年収が当初の想定よりも少なかった場合には、その分税負担も少なくなる可能性があるからです。再就職していれば新しい会社で年末調整を受けて、正しい納税額に調整してもらえますが、退職したままだとそのチャンスがありません。


【確定申告することで受けられる主な控除】

確定申告して、税金を取り戻す方法とは


【関連クイズ】

What’s New 最新マネートピックス

人気ランキング いま注目のマネートピック