本文へジャンプします。


現在位置:> > > 相続税をおさえたいなら考えたい「生前贈与」という方法

賢く付き合うマネーの知恵 お金の上手な使い方がわかる

税金

生前贈与で相続税をおさえる

相続税をおさえたいなら考えたい「生前贈与」という方法

相続税をおさえたいなら考えたい「生前贈与」という方法

相続税は人ごとではない時代がやってくる

相続なんてまだ先のこと――そう思っていても、ある日突然、予期せぬ不幸で相続が起こるということは十分にあり得ること。また、相続税はこれから増税に向かうことが検討されています。今後景気が回復基調になり、不動産価格が上がってきたら、知らぬ間に財産の総額が増えていたりするかもしれません。

そんなときに慌てないためには、どうしたらよいのでしょうか?そこで登場するのが「生前贈与」です。生きているうちに財産の一部を贈与しておくことによって、いざ相続が発生したときの財産を少なくできる、つまり相続税の節税につながるというわけです。

相続税ではなく贈与税がかかってくるとどうなる?

転ばぬ先の「生前贈与」ですが、ただやみくもに贈与をすると今度は「贈与税」がかかってきます。この贈与税、実は相続税よりはるかに高い税率が設定されています。相続税が課税されるのを避けるためにあらかじめ贈与をするのに、相続税よりも高い税率の贈与税が課せられては元も子もありません。つまり「生前贈与」を行う際には、贈与税をなるべく低く抑えるということが重要なポイントになってきます。


【関連クイズ】

What’s New 最新マネートピックス

人気ランキング いま注目のマネートピック