本文へジャンプします。


現在位置:> > > 103万円の壁、130万円の壁って何? 配偶者控除など税金の基礎知識

賢く付き合うマネーの知恵 お金の上手な使い方がわかる

税金

パートで働く前に知っておきたい! 税金の優遇を受けて働く方法

103万円の壁、130万円の壁って何? 配偶者控除など税金の基礎知識

大企業勤務ならチェックすべき「106万の壁」

「106万の壁」とは、短時間労働者を社会保険に加入させようと2016年10月からスタートした新制度です。
大企業で働く短時間労働者をターゲットにしており、「従業員が501名以上」「1年以上勤務見込み」「勤務時間が週20時間以上」「年収106万円以上」の4つの条件を満たすパート、アルバイトが対象となっています。

これまでは130万円以下であれば被保険者となり夫の保険料だけで済みましたが、106万円を超えた段階で約16万円の社会保険料を支払わなければなりません。106万円以上働きつつ支払いを免れたい場合は、短時間で高収入が見込める企業や、中小企業への転職が必要になります。
しかし、対象者が拡大されたことによって、今後は130万円を超えなくても社会保険のメリットを受けることができます。どちらが自分にとってプラスになるかを見極め、働き方を検討しましょう。

配偶者控除の改正

2018年より、この「103万円の壁」が「150万円の壁」へと変化することをご存知でしょうか?
これまでは、年収が103万以下の場合は配偶者控除を、それ以上の場合は配偶者特別控除を利用することができました。しかし今後は、150万円〜201万円の間で段階的に控除額が減額される他、夫が高収入の場合は控除額が制限されるので注意が必要です。

夫の収入が1220万円を超える場合は、収入が150万円以上であっても控除はありません。また、自身の収入が201万円以上の場合も同様に控除は0円です。
対象となるのは2018年1月の所得からですので、夫や自身の年収を把握しながら、家計を見据えつつ今後の働き方を考えていきましょう。

<前へ   1  2  3 


【関連トピックス】

【関連クイズ】

What’s New 最新マネートピックス

人気ランキング いま注目のマネートピック