本文へジャンプします。


現在位置:> > > 103万円の壁、130万円の壁って何? 配偶者控除など税金の基礎知識

賢く付き合うマネーの知恵 お金の上手な使い方がわかる

税金

パートで働く前に知っておきたい! 税金の優遇を受けて働く方法

103万円の壁、130万円の壁って何? 配偶者控除など税金の基礎知識

社会保険料への影響がでる「130万円の壁」

妻の年収が130万円以下の場合は、夫の扶養になり、社会保険料(健康保険料、厚生年金保険料など)を負担する必要はありませんが、年収130万円を超えると夫の扶養から外れ、社会保険料が自己負担になります。ただし、年収が130万円以下であっても勤務時間(正社員の4分の3以上)によっては社会保険料を負担するケースもあるので勤務先に確認するようにしましょう。

例えば、月額11万円(年収132万円)のパート収入を得る場合、ざっくり計算すると健康保険料は自己負担分が年間6.6万円、厚生年金保険料の自己負担分は年間約11万円となります。妻が働くことで夫の控除が減り、税金が増えることも含めて考えると、妻の年収が130万円から150万円くらいの範囲だと、家計全体での年収は増えるのに手取り金額が少なくなってしまう、いわゆる「働き損」が発生してしまう可能性があります。その他にも夫の会社で配偶者手当がある場合、配偶者手当の支給対象から外れることでさらに手取りが減る可能性も。年収が130万円を超えるなら、思い切って収入をどんどん増やしていった方が賢明といえるかもしれませんね。

103万円の壁、130万円の壁って何? 配偶者控除など税金の基礎知識

目先の損得ではなく、長期的に働き方を考える

目先のおトク度を考えることも大切ですが、それよりももっと大切なのが、長期な視点で考えるということです。確かに妻の収入が130万円を超えると一時的に世帯収入は少なくなりますが、一方で、負担した保険料に応じて将来の公的年金の上乗せ金額が増えるなど、収入を増やしたほうが長い目で見ればおトクな場合は少なくありません。また、夫と妻でそれぞれに収入があると、どちらかに万が一のことがあった場合の安心感にもつながりますね。政府は将来、配偶者控除を含む所得税の控除の見直しやサラリーマンの夫の扶養になっている妻には保険料の負担がない第3号被保険者制度の見直しなどを考えているようです。つまり、現在の優遇税制が未来永劫、続く保証はないということ。こういった社会の動きにも敏感になりつつ、目先の損得だけでなく、長い目で総合的に考えることが大切といえますね。


【関連トピックス】

【関連クイズ】

What’s New 最新マネートピックス

人気ランキング いま注目のマネートピック