本文へジャンプします。


賢く付き合うマネーの知恵 お金の上手な使い方がわかる

女性のライフステージごとのマネープラン、住宅ローン、老後資金、教育費、資産運用、保険など、知って得するお金の情報を紹介します。

老後資金

老後資金

「下流老人」の特徴って?なりたくないなら要チェック!

2015.11.30

「下流老人」の特徴って?なりたくないなら要チェック!

みなさんは「下流老人」という言葉をご存知でしょうか。老後に生活費が足りず、経済的に満足した生活を送ることができない高齢者の方を指して、このような呼び方をしています。会社を退職後、充実した毎日を過ごすためには、しっかりとしたマネープランが必要です。老後までにどのくらいのお金を用意しておいたら良いか、一緒に確認してみましょう。

老後資金

アパートVS駐車場経営 セカンドライフに選ぶならどっち?

2015.08.13

セカンドライフに選ぶなら?アパート経営VS駐車場経営

元気に働き収入も得られるあいだはプチリッチな生活も可能ですが、セカンドライフでもプチリッチな生活を続けたいなら、それなりの対策が必要です。公的年金に加えて自分年金を得られれば、ゆとりある生活も夢ではありません。自分年金のひとつとして注目されているのがアパートや駐車場賃貸による賃貸収入を得ることです。

少子高齢化が加速する中、将来の年金に対する不安は高まってきています。一昔前と違い、国や企業に余力がない今、自分の年金は自分で準備するくらいの気構えが必要です。自分年金をつくる方法にはさまざまな方法がありますが、中でも注目が集まっているのが「確定拠出年金」。そこで、今回は、元大手証券マンで確定拠出年金のスペシャリストである大江英樹さんに自分年金づくりに役立つ確定拠出年金についてお話しをお伺いしました!

老後資金

働き方別「自分年金」の必要額は?

2013.05.16

働き方でこんなに違う! 「自分年金」、いくら貯める必要がある?

セカンドライフの生活資金として、公的年金の不足を補うために準備しなければならないのが「自分年金」です。ただし、ひとくちに「自分年金」といっても、その必要額は現役時代の働き方によって大きく変わってきます。あなたの場合はいったいいくらぐらい必要? 実際に計算してみましょう。

老後資金

知っておきたい老人ホームの費用

2013.02.21

老後の生活に、老人ホーム利用を選択するとしたら

「パートナーに先立たれて老後にひとりで残されたらどうする?」「介護状態で動けなくなったらどうする?」――そんな問いに、「そうなったら老人ホームに入るわ」と答えている人も多いのでは?しかし実際に老人ホームに入居するとなると、いくらぐらいの費用がかかるものなのでしょうか。今回は、そんな老人ホームにかかる費用についてご紹介します。

「老後は公的年金をもらって悠々自適にリタイアメントライフを送る」はずだったのに、公的年金だけでは生活していけなくなる可能性が年々高まってきている昨今。「結局、私はいくらの公的年金がもらえそうなの?」と気になりつつも「ねんきん定期便」の見方がよくわからないという人も多いのでは?今回はそんな「ねんきん定期便」の見方についてご紹介します。

将来受け取れる公的年金だけでは、十分な老後資金を確保するのは難しいのが現状。今後年金制度が変わる可能性もあり、国だけに頼っていてはハッピーな老後の保証はありません。そこで準備したいのが自分年金。自分年金づくりに最適とされている「確定拠出年金」を賢く活用して老後資金の準備を始めましょう。


What’s New 最新マネートピックス

ピックアップ 編集部のオススメ

保険アドバイザー 無料で申し込めます