本文へジャンプします。


現在位置:> > > セカンドライフに選ぶなら?アパート経営VS駐車場経営

賢く付き合うマネーの知恵 お金の上手な使い方がわかる

老後資金

アパートVS駐車場経営 セカンドライフに選ぶならどっち?

セカンドライフに選ぶなら?アパート経営VS駐車場経営

セカンドライフに選ぶなら?アパート経営VS駐車場経営

セカンドライフの収入源を考えよう

リタイアした後のセカンドライフ、当然ながら収入源はそれまでと変わります。会社員の人は月々の給与収入がなくなり、退職一時金、公的年金、企業年金などが収入源となるでしょう。そのうち公的年金は、セカンドライフの生活資金として大きな役割を担っていますが、少子高齢化の進行とともに年金原資は厳しくなる一方。年金支給開始年齢の引き上げも検討されているなど、私達のセカンドライフの生活費をどう賄えばよいのか、不安が膨らみます。

支出の方はどうでしょう。社会人生活が終わり服飾代や交際費は減るとしても、毎月の生活費は大きく変わることはないでしょう。生命保険文化センターの「生活保障に関する調査(平成25年度)」によると、夫婦2人で老後生活を送るうえで必要と考える最低日常生活費は月額平均22万円。趣味や教養、旅行やレジャーなども楽しむための「ゆとりある老後生活費」としては平均35.4万円かかるとされています。

退職金があるから大丈夫という人も、セカンドライフに突入してから公的年金が支給開始になるまで無年金期間があることを忘れてはいけません。現在、公的年金開始年齢は65歳。60歳でリタイアするとしたら、公的年金を受給できるまで最低でも1,320万円が必要です。ゆとりを求める場合は2,124万円。退職金は軽く飛び去ってしまいそうですね。

退職金だけで足りない場合は…、貯蓄に励んだり、個人年金保険に加入したりと「自分年金」を作らなくてはいけません。「自分年金」のひとつとして今注目されているのが、アパート経営や駐車場経営で賃貸収入を得ること。セカンドライフの収入源として「賃貸年金」を検討してみてはいかがでしょうか。


【関連クイズ】

What’s New 最新マネートピックス

人気ランキング いま注目のマネートピック