本文へジャンプします。


現在位置:> > > 老後の年金大丈夫!?元大手証券マンが教える、本当に効率のよい自分年金のつくり方とは

賢く付き合うマネーの知恵 お金の上手な使い方がわかる

老後資金

自分年金は確定拠出年金でつくる

老後の年金大丈夫!?元大手証券マンが教える、本当に効率のよい自分年金のつくり方とは

老後の年金大丈夫!?元大手証券マンが教える、本当に効率のよい自分年金のつくり方とは

公的年金は破綻しない!?

高山: 弊社では、年間1,000件以上の個人のお客様のご相談にのらせていただいていますが、世代を問わず断トツで一番多いご相談が「老後生活への不安」です。「年金もらえるの?」「老後生活していけるかしら…」とみなさん、将来に対してとても不安を抱えています。特に年金については、もらえないのではないかと思っている人が少なくありません。

大江: そう、年金はでないだろうと思っている人が実に多いですよね。でも、年金は将来受け取り開始年齢が上がることはあるかもしれませんが、すぐに破綻したりもらえなくなったりする心配はありません。

高山: そうなんですか!これは読者にとってはうれしいお話しですね(笑)。

大江: マユつばと思われる方もいらっしゃるかもしれませんね(笑)。もちろん、公的年金自体、必ずしも万全のものではなく、いろいろと欠点や問題点があるのは確かですが、本来年金制度というものは非常に長い期間をかけて制度を変えていくものですから、すぐにもらえなくなるといったような大きな心配があるというわけではないということだけは信じてください。そして、これはあまり知られていませんが、実は年金の財政は黒字なんです。よくニュースなどで国の財政は赤字だと報道されていますが、あれは国の一般財政なんですよ。

高山: 年金については良いニュースは報道されていませんよね。年金の財政が黒字というのは、目からウロコの方が多いのではないでしょうか。

大江: そうですよね。公的年金の運用は安定して成果をだしていて、2003年から2011年までの9年間で運用利回りは2.42%、金額でいうと、2001年度から2011年度までの11年間累計で13兆9,986億円の収益を上げています。ですから、年金については一定割合確保できているんですよ。必要以上に恐れる必要はないということです。

高山: なるほど!年金がすぐに破綻しないということはわかりました。一方で年金の支給金額についても心配している人が多いと思いますが…。

大江: そうですね。結局みんな知りたいのはそこなんですよね。現在の高齢無職世帯の夫婦がどれくらいの金額をもらっているのかをお話ししましょう。夫のお給料の標準報酬月額が38万円、妻は専業主婦とした場合、夫婦合わせてもらえる金額は約270万円。月額にすると、約22万円程度。基本的な生活をするには困らない金額です。ただし、十分かといえば、そうではないので、やはり自分で年金をつくることも必要です。

【書籍紹介】 「自分で年金をつくる最高の方法−確定拠出年金の運用【完全マニュアル】」(日本地域社会研究所)
今や500万人近くにもなる確定拠出年金の加入者。でも、どうやってうまく活用したらよいのかわからない人は少なくないことでしょう。本書では、確定拠出年金を使って自分年金をつくる方法をわかりやすく解説。確定拠出年金の基本書の決定版ともいうべき良書です。


【関連クイズ】

What’s New 最新マネートピックス

人気ランキング いま注目のマネートピック