本文へジャンプします。


賢く付き合うマネーの知恵 お金の上手な使い方がわかる

女性のライフステージごとのマネープラン、住宅ローン、老後資金、教育費、資産運用、保険など、知って得するお金の情報を紹介します。

老後資金

老後資金

総額1億円!? 老後までに貯めたいお金の計算式

2017.03.11

総額1億円!?老後までに貯めたいお金の計算式

老後までに貯めたいお金の総額、ご存じですか? 年金だけでは足りない金額やもしものための費用など、リタイア後にかかる費用は思ったよりもたくさん!いまからシミュレーションして、計画的に老後資金を貯めませんか?

老後資金

「貧困女子」にならないための老後準備

2016.01.28

「貧困女子」にならないために!おひとりさまの老後準備

公的年金だけでは豊かな生活が送れなくなっている今日、老後を不安に思う人が増えています。TVなどで「老後貧乏」「下流老人」「貧困女子」などの言葉を見聞きすることも多くなり、ますます不安が募ります。とくに、おひとりさま女性が老後に頼るべきはお金と自分自身。歳を取って貧困女子になることのないよう、いまから老後の準備をしましょう。

老後資金

「下流老人」の特徴って?なりたくないなら要チェック!

2015.11.30

「下流老人」の特徴って?なりたくないなら要チェック!

みなさんは「下流老人」という言葉をご存知でしょうか。老後に生活費が足りず、経済的に満足した生活を送ることができない高齢者の方を指して、このような呼び方をしています。会社を退職後、充実した毎日を過ごすためには、しっかりとしたマネープランが必要です。老後までにどのくらいのお金を用意しておいたら良いか、一緒に確認してみましょう。

老後資金

アパートVS駐車場経営 セカンドライフに選ぶならどっち?

2015.08.13

セカンドライフに選ぶなら?アパート経営VS駐車場経営

元気に働き収入も得られるあいだはプチリッチな生活も可能ですが、セカンドライフでもプチリッチな生活を続けたいなら、それなりの対策が必要です。公的年金に加えて自分年金を得られれば、ゆとりある生活も夢ではありません。自分年金のひとつとして注目されているのがアパートや駐車場賃貸による賃貸収入を得ることです。

老後資金

個人年金で無年金期間に備える

2014.06.26

公的年金の支給開始が70歳に!? 「無年金期間」に個人年金保険で備えよう

公的年金の受け取り開始年齢を先送りする検討がなされています。自分の意思で年金受給を66歳〜70歳までの間に先延ばしにする制度はすでにありますが、将来的には選択性ではなく、一律引き上げとなる可能性も。リタイア後の無年金期間が拡大される不安には個人年金保険で対策をとりましょう。

少子高齢化が加速する中、将来の年金に対する不安は高まってきています。一昔前と違い、国や企業に余力がない今、自分の年金は自分で準備するくらいの気構えが必要です。自分年金をつくる方法にはさまざまな方法がありますが、中でも注目が集まっているのが「確定拠出年金」。そこで、今回は、元大手証券マンで確定拠出年金のスペシャリストである大江英樹さんに自分年金づくりに役立つ確定拠出年金についてお話しをお伺いしました!

老後資金

働き方別「自分年金」の必要額は?

2013.05.16

働き方でこんなに違う! 「自分年金」、いくら貯める必要がある?

セカンドライフの生活資金として、公的年金の不足を補うために準備しなければならないのが「自分年金」です。ただし、ひとくちに「自分年金」といっても、その必要額は現役時代の働き方によって大きく変わってきます。あなたの場合はいったいいくらぐらい必要? 実際に計算してみましょう。

前の7件へ 1 2次の7件へ


人気キーワード: 確定申告 年金 貯金 老後

What’s New 最新マネートピックス

ピックアップ 編集部のオススメ

女性のための「無料セミナー」 編集部のオススメ

保険アドバイザー 無料で申し込めます